google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

尿路結石 全治後2年 医療保険 加入 査定基準

スポンサードリンク

尿路結石 全治後2年以上経過した時が見直しのタイミング!

保険の見直し

 

尿路結石を経験したあなたが
医療保険の見直しを検討しているならば
再発の可能性が高いので、
全治後2年以上経過した時が見直しのタイミングです。

 

この基準は私が現役でセールスをしていた
2015年7月までは加入できる生命保険会社がありました。

 

あなたが自分では加入できる
生命保険会社を見つけられません。

 

以下の記事を読めば
スッキリ解決できるでしょう。

 

 

尿路結石とは

 

結石は腎臓で生成され、
尿管を通り、
膀胱へ流れ尿道から排出されます。

 

結石の場所により、

  • 腎結石、
  • 尿管結石、
  • 膀胱結石、
  • 尿道結石と

呼び分けられます。

 

尿路結石の典型的症状は、
結石が尿管を流れる時には
七転八倒するほどの
激しい痛みや血尿が起こります。

 

Yahooヘルスケアによれば、
尿路結石は30~60代の男性に多く(男女比約2.5対1)、
上部尿路(腎杯・腎盂・尿管)にできるものと、
下部尿路(膀胱・尿道)にできるものに分けられます。
近年の調査では、約95%が上部尿路結石です。

 

尿路結石は近年増加傾向にあり、
日本人が生涯のうちに結石に罹患する確率は約10%、
つまり10人に1人は結石にかかると報告されています。

 

症状がある場合の約70%は自然排石し、
30%は手術を必要とします。
結石は8mm以下、とくに5mm以下は自然排石の可能性があり、
全体では尿路結石の約60%は自然排石するといわれています。
(引用おわり)

 

保険の見直し合併症や症状が軽ければ
死亡保障については
無条件で取り扱いが可能ですが、

 

再発性が高いために
医療保険の基準は厳しく査定されます。

 

 

尿路結石の査定基準

 

生命保険会社の基準を調べてみました。

 

保険会社 現症 既往症
A社 部位不担保

治後5年以内は部位不担保
治後5年以上経過していれば引き受け・可

B社 契約しない

2年以内は特定疾病不担保
2年以上経過していれば引き受け・可

再発あり…5年以上経過していれば引き受け・可

C社 部位不担保

手術なし…全治後2年以上経過していれば引き受け・可
手術あり…全治後2年以上経過していれば引き受け・可
*再発ありの場合は、厳しい査定。

 

D社 部位不担保

全治後2年以上経過していれば引き受け・可
*再発ありの場合は、厳しい査定。

 

現症とは、治療中のこと。経過観察中も含みます。
完治とは、医師が完全に治ったと判断すること。
既往症とは、完治後の病気やケガをいいます。

 

どの保険会社でも現症中は
医療保険に加入できません。

 

尿路結石で加入できる時期は?

 

多くの生命保険会社が
全治後2年以上経過していれば
引き受けてくれそうです。

 

ただし、
再発の場合は厳しい査定になりそうです。

 

再発性が高いということは
再入院や再手術の可能性が高いということです。

 

初回の発病が完治したら、
医療保険に加入できそうです。

 

尿路結石は完治後2年が
見直しのチャンスです。

 

尿路結石 全治後2年以上経過した時が見直しのタイミング・まとめ

 

胆石症のあなたが医療保険に加入するには
全治後2年たったらすぐに、
FPに加入手続きを依頼しましょう。

 

再発をする前にだったら、
医療保険に加入できます。

 

先ずは予約して店舗に行って,
相談してみましょう。

 

 

 

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9562754784384857"
data-ad-slot="1221674110"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">