google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

胃・十二指腸ポリープ 医療保険 加入 査定基準

スポンサードリンク

胃・十二指腸ポリープ 医療保険に加入出来る!3ポイント

保険の見直し

 

 

あなたが胃・十二指腸ポリープを
内視鏡手術を受けていても、
全治後1年経過した後は
医療保険に加入出来る会社があります。

 

私が現役でセールスをしていた時には
あなたが医療保険に加入できる生命保険会社がありました。

 

 

 

胃のポリープとは

 

胃のポリープとは、
粘膜の表面にできる「イボ」のように
盛り上がった小さなこぶのことを言います。

 

症状は全くないことがほとんどで、

 

健康診断のバリウム検査や人間ドックなどで
初めて見つかることが多いようです。

 

 

最近ではポリープの細胞組織が良性ならば、
胃がんになる心配がない
ことがわかってきました。

 

胃のポリープの形

 

ポリープの形には、

  • 粘膜下腫瘍型(ねんまくかしゅようがた)、
  • 無茎型(むけいがた)、
  • 亜有茎型(あゆうけいがた)、
  • 有茎型(ゆうけいがた)

の4つの型があります。

 

過形成性ポリープの組織はがんではありません。

 

腺腫性ポリープの場合には、
ポリープの細胞は、
正常な細胞とは少し違った形をしていますので、
がん細胞ではないのですが、
将来がん化しやすい性質を持つといわれています。

 

高齢者に多いことから
細胞の遺伝子の変異と考えられていますが
詳しいことはまだ解明されていません。

 

最近では、
ピロリ菌との因果関係が疑われています。

 

手術の方法は内視鏡手術がベスト

 

胃ポリープや十二指腸ポリープは
がん化しないようですが
医療保険に加入出来る
条件を調べてみました。

 

胃のポリープ 査定基準

 

生命保険会社 現症 既往症
A社 部位不担保にて引き受け

2年以内は部位不担保にて引き受け
2年経過後は標準体にて引き受け可

B社 健康診断により指摘後6か月以内…部位不担保にて引き受け

切除後1年以内は部位不担保にて引き受け
切除後1年経過は標準体にて引き受け可

C社

健康診断により指摘後3年以内…部位不担保にて引き受け
健康診断により指摘後3年経過後…標準体にて引き受け

全治後1年以内は部位不担保にて引き受け
全治後1年経過後は標準体にて引き受け可

D社

治療中(手術なし)…
1年未満は不承諾(加入出来ない)
1年以上は部位不担保にて引き受け

 

(手術あり)…
全治後6か月未満は不承諾
全治後6月~2年未満は部位不担保にて引き受け
全治後2年以上は標準体にて引き受け可
※手術は内視鏡手術によるもの

 

現症とは、治療中のこと。経過観察中も含みます。
完治とは、医師が完全に治ったと判断すること。
既往症とは、完治後の病気やケガをいいます。

 

B社は「切除後1年経過は標準体にて引き受け可」、
C社ならば、「全治後1年経過後は標準体にて引き受け可」
です。

 

全治後がついていないB社のほうがいいですね。

 

あなたはB社を探してもらう必要があります。
自分では探し出せませんよ。

 

保険の無料相談窓口で相談しましょう。
それが一番楽に加入できる方法です。

 

 

胃・十二指腸ポリープ 医療保険に加入出来る・まとめ

 

胃ポリープや十二指腸ポリープが見つかった場合に、
最短で医療保険に加入が可能な方法は
内視鏡手術で受ける必要があります。

 

治療方法や入院期間なども検討されて
標準体にて引き受け可能となりますが
微妙な問題でもありますから
自己判断しないでプロのFPに相談しましょう。

 

加入手続きはFPに依頼が良い

 

一度加入の手続きをして
生命保険会社から「お断り」を受けると、
他社にも加入するのが難しくなるものです。

 

だったら、
最初に加入出来る会社を探してから
その会社に申し込むのが一番確実な方法です。

 

 

 

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9562754784384857"
data-ad-slot="1221674110"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">