google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

メニエール病 医療保険 加入 査定基準

スポンサードリンク

メニエール病 医療保険に加入出来る!2つのポイント

保険の見直し

 

あなたがメニエール病を治療して
治ってから1年以上経過していれば、
医療保険に加入出来る会社があります。

 

 

メニエール病とは

 

メニエール病はそれほど多い病気ではありませんが、
女性に多く、
発症年齢は30歳後半から
40歳代前半にピークがあります。

 

耳鳴りや難聴をともなうめまい発作で始まり、
聴覚と平衡感覚が低下する内耳の病気です。

 

一般には、
片側の内耳の障害ですが、
両側とも障害されることもあります。

 

メニエール病は内耳の病気なので、
生命に危険を及ばすことはありませんが

早期の診断と治療を開始することが
全治する決め手になります。

 

それでは保険会社の査定基準は
どうなのか調べてみました。

 

 

メニエール病の査定基準

 

メニエール病は内耳の病気なので、
生命に危険を及ばすことはありませ。

 

という病気なんですが、
生命保険会社の査定基準は
どうなっているか調べてみました。

 

保険会社 現症 既往症
A社 部位不担保にて引き受け

手術なし…2年以内は部位不担保にて引き受け
            2年超は個別に査定
手術あり…3年以内は部位不担保にて引き受け
            3年超は個別に査定

B社 契約しない

1年未満は契約しない
1年以上2年未満は特定部位不担保にて引き受け
2年以上は標準体にて引き受け

C社 特定疾病不担保にて引き受け 3年超は引き受け可
D社 特定疾病不担保にて引き受け

1年未満は契約しない
1年超は標準体にて引き受け

 

現症とは、治療中のこと。経過観察中も含みます。
完治とは、医師が完全に治ったと判断すること。
既往症とは、完治後の病気やケガをいいます。

 

これらをもとに、
どんな加入の仕方が良いか
検証します。

 

メニエール病 医療保険に加入方法

 

上記基準に照らして、
あなたが医療保険に加入できる
方法を説明します。

 

  • 現症中
  • 既往症(完治後)

に分けて説明します。

 

メニエール病 現症中は部位不担保

 

現在すぐに、医療保険に加入したいなら、
現症中でもA、C、D社には加入できます。

 

「特定疾病不担保にて引き受け」
つまり
特定疾病=メニエール病は保障されない条件がつきます

 

A~D社のうち3社が部位不担保で
医療保険に加入出来ます。

 

メニエール病 治ったら

 

完治(治ったら)したら既往症といいます
標準体※で加入することもできるようになります。

 

※特定疾病不担保の条件が付かない

 

部位不担保で加入した医療保険が
条件が無くなることはありません。

 

メニエール病が完治後は、
あなたは新しく医療保険に加入してください。

 

 

ベテランのFPに依頼すれば
これらの条件はすぐに
調べて貰えます。

 

メニエール病 医療保険に加入出来る・まとめ

 

メニエール病のあなたが
医療保険に加入できるポイントは2つ。

 

  1. メニエール病の治療中は部位不担保で加入
  2. メニエール病が治ったら新しく医療保険に加入

 

これがおすすめの方法です。

 

できるだけ標準体(保険料が普通)で
医療保険に加入しましょう。

 

あなたにおすすめの方法は、
ショップ型の保険の窓口などで相談すれば
必ず無料相談に乗って貰えるというわけです。

 

先ずは予約して店舗に行って,
相談してみましょう。

 

こちらも参考に、
ショップ型保険窓口のランキング1位は保険見直し本舗読んでください。

 

 

 

 

 

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9562754784384857"
data-ad-slot="1221674110"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9562754784384857"
data-ad-slot="1221674110"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">