google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

死亡保険金を減額 扶養義務が軽減、住宅ローンを借りた

スポンサードリンク

死亡保険金を減額 扶養義務が軽減、住宅ローンを借りた

死亡保険は、

  • 就職したとき
  • 結婚したとき
  • 子供が生まれたとき

に、大部分の人は加入します

 

あなたは生命保険に加入したままで、
見直しをしたことはありませんか?

 

生命保険のなかでも死亡保険金は
保険料が高い場合が多いです。

 

保険の掛け過ぎを見直しましょう。
保険料の節約になりますよ。

 

 

死亡保険金を見直すとき

 

多くの人はお子さまが生まれる時に
死亡保険金がついた保険に加入されます。

 

お客さまに見直しをすすめても、
「加入しているからいい」
と、断られました。

 

本当に見直さなくていいのでしょうか?

 

もしかしたら保険金額を下げても大丈夫ではないですか?

 

死亡保険金の減額 子どもの扶養義務が軽減

 

死亡保険金がある保険に加入した動機は
「自分に万一があった時、
子どもが大人になるまでの保障(お金)が必要」
ではないでしょうか?

 

子どもが大人になるまでの保障は、
具体的には

  • 生活資金
  • 教育資金

に、分けられます。

 

生活資金は毎年減少

 

生活資金は文字どおり生活するお金です。

 

お子さまの生活資金は、
1日経過するごとに減少します。

 

死亡保険金は

  • 小学校入学
  • 中学校入学
  • 高校入学
  • 大学入学
  • 大学卒業(就職)

したときに、見直しましょう

 

保険の無料相談窓口で
キャシュフロー表を作成して貰い相談しましょう。

 

教育資金の半分以上は大学入学資金

 

教育資金の半分以上は大学生の時に使います。

 

詳しい内容は
公益財団法人保険文化センター
http://www.jili.or.jp/
から引用します。

 

幼稚園から高校までの教育資金

 

全部 公立の教育資金  全部 私立全部の教育資金
幼稚園から高校まで 幼稚園から高校まで
530万円 1770万円

 

小学校を卒業したら260万円(公立)分の
死亡保険金を減額できます。

 

大学の教育資金

 

大学の教育資金を

  • 国立と私立、
  • 文系と理系、
  • 自宅と下宿

に分けてみました。

 

国立 私立 文系 私立 理系
自宅 523万円 684万円 828万円
下宿 815万円 954万円 1089万円

 

大学を卒業して就職されたら、
親の扶養義務は終了します。

 

私は教育資金は定期保険で設計しました。

 

解約返戻金を入学金に充当する場合は、
終身保険+定期保険を組み合わせました。

 

教育費は高額です。

 

お子さまの小さい時から計画的に積み立てましょう。

 

 

死亡保険金の減額 住宅ローンを組んだ

 

住宅ローンを組む時に金融機関から
団体信用生命保険に加入させられます。

 

死亡したら住宅ローンを保険金で保障

 

団体信用生命保険は、
被保険者=住宅ローン借主が死亡したときに
被保険者=住宅ローン借主に代わり
死亡保険金でローンを完済します。

 

住居費が0円になります。
※経年劣化による補修費用は必要です。

 

病気やケガで働けないときの保険

 

最近は病気やケガで働けない場合に、
住宅ローンの返済を保険でカバーする保険もあります。

 

住居費の計算式

 

住居費の計算式は、
住居費=月の家賃×12×年数

 

インフレとか更新時の費用を無視しても、
賃貸のマンションに住んでいたら、
住居費は莫大な金額になります。

 

住宅ローンを組んで
団体信用生命保険に加入したら、
死亡保険金を見直して減額しましょう。

 

まとめ

 

人生の資金で高額なものが

  • 教育資金
  • 住宅資金
  • 老後資金

です。

 

教育資金、住宅資金に変化があれば
死亡保険を見直して保険料を節約します。

 

自分で計算するのが難しかったら、
保険の無料相談窓口で相談しましょう。