google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

ライフサイクル表 生命保険 見直し

スポンサードリンク

ライフサイクル表と生命保険の見直し|3つのポイント

保険の見直し

 

生命保険は適当な時期に
見直しを行う
ことが重要です。

 

いったい、

  • 「いつ?何歳時?」
  • 「どのような手順」

で行えばよいのでしょうか。

 

以下を読めば、
あなたもスッキリ解決できるでしょう。

 

 

 

生命保険の見直し手順

 

生命保険の見直し手順は

  • イベント表を作成
  • 保障が必要な期間を決める
  • 必要保障額(保険金)を決める
  • 加入中の生命保険の確認
  • 新規保険商品の確認

です。

 

それぞれについて説明します。

 

イベント表を作成

 

生活の変化は、
家計の支出に大きく影響します。

 

  • 家の購入、
  • マイカーの購入、
  • 小・中・高・大学入学、
  • 記念の旅行、

大きい出費は
イベント表に記入します。

 

イベント表はこんな感じで作成しましょう。

年号

子ども

2015 40歳 35歳 長男 小学校入学 夏休み:?記念旅行
2016       マイホーム購入
2017       車の買い替え
2018     長女 中学入学  
2019        
2020        
2021    

長女 高校入学
長男 中学入学

 
2022        
…(続く)        

大きい出費がともなうものを
漏れなく記入します。

 

3年毎に見直すのが、
お子さまの入学・卒業と合わせられて便利ですよ。

 

人生のイベント情報を時間軸で
一覧表にまとめたものがライフサイクル表です。

 

裏付けのある予算額も記入できると、
あなたの夢が現実に一歩近づきますよ。

 

ぜひ、
この際にイベント表→ライフサイクル表を作成して、
自分のやりたいことや家族のしたいこと
実現できるようにプランニングしてください。

 

 

イベント表やライフサイクル表をもとにして、
生命保険を見直して、
不要な部分は解約し、
必要なものは追加して
よりよい生命保険に組み立て直しましょう。

 

 

ライフサイクルの変化で保険を見直し

 

加入した時から、
もしくは前回の見直しから
時間が経ち、

 

保険の見直し

 

  • 婚約・結婚した、
  • 子どもが増えた、
  • 子どもが独立した、
  • 離婚・死別した、
  • 親を扶養するようになった、
  • 自宅を新築する、
  • 自宅を売却した、
  • 勤務先が替わった、
  • 起業・独立した、
  • 定年退職した、

など、
何かしらの変化があるはずです。

 

生活・環境の変化に応じて
生命保険の見直しが必要です。

 

また、
今後数年後に
自分自身や周囲の環境・状況に
変化が起きる可能性もあります。

 

  • 生命保険が契約更新時期とか、
  • 保険料が負担になった、
  • 収入が減った

なども
生命保険の見直しのタイミングです。

 

これらの点を考慮した上で、
必要な保障内容を把握していきます。

 

生命保険を見直すポイント

 

生命保険を見直すポイントは、

  • 保障が必要な期間を決める
  • 必要保障額(保険金)を決める
  • 加入中の生命保険の確認
  • 新規保険商品の確認

などです。

 

 

保障が必要な期間を決める

 

現在の自分自身にとって
必要な保障内容を書き出します。

 

いつまで保障が必要か、
確認しましょう。

 

教育資金はいつまで必要

 

まずはお子さまの、
教育資金が一番大きい金額を締めます。

 

必要な保障期間は
お子さまが大学(院)卒業までです。

 

お子さまが3人いても
末子が大学(院)卒業までです。

 

妻の老後資金はいつまで必要

 

奥様の老後生活資金も考えておく必要があります。

 

  • 共働きか?
  • 専業主婦か?
  • 国民年金か?
  • 厚生年金か?
  • 企業年金はあるか?
  • 妻の退職金はあるか?

考慮すべきことはたくさんあります。

 

こちらも参考に奥様の生活資金はいつまで必要か?いくら必要か?読んでください。

 

自分でも計算できますが、
時間の短縮になりますから
プロのファイナンシャルプランナーに
無料相談するほうが良いです。

 

 

必要保障額(保険金)を決める

 

必要な保障期間が決まったら、
該当する期間の必要保障額(保険金)を決めます。

 

最初に現状把握が必要です。

 

バランスシートを作成します。

 

預貯金がいくら貯まっているか?

 

将来にわたって、
いくら積み上げられるか?

 

10年後に使うお金なら、
多少の変動(リスク)があっても
金利の良いものを選んでもいいですね。

 

貯金は三角、
保険は四角といいます。
詳しくは貯金は三角、保険は四角とは?どういう意味?を読んでください。

 

保険で備えておきたい
必要な資金の種類と金額を決めます。

 

  • 死亡保障額は十分?不足?
  • 入院保障額は十分?不足?
  • 年金受取額は十分?不足?
  • 年金受取期間は十分?不足?
  • 介護保障は十分?不足?

その他の保障は何が必要?

 

保険の見直し

 

ファイナンシャルプランナーに頼むと
ライフサイクル表にそって
必要額や期間を図表にしてもらえます。

 

現在はパソコンソフトが充実しています。

 

あなたが考えるよりお金のプロ・FPに任せてください。

 

 

加入中の生命保険の確認

 

契約内容を把握しないで、
生命保険の見直しはできません。

 

現在加入している生命保険の
契約内容を把握することです。

 

保険の見直し

 

保障内容は、
保険加入時には覚えていたとしても、
時間が経つにつれて大抵は忘れていたり、
記憶が曖昧だったりします。

 

そのため、まずは
自宅の大事な所にしまってある
保険証券や契約書を取り出して、

 

自分が契約した保険の
保障内容がどのようなものかを確認します。

 

もし、
この時に分からない点があった場合は、
加入した生命保険会社の
コールセンターに確認しましょう。

 

 

間違っても保険のおばちゃんに
連絡しないことです。

 

保険のおばちゃんに電話をしようものなら、
保険の見直しはそっちのけで、
新発売の保険を勧められ
加入させられるのが落ちです。

 

 

新規保険商品の確認

 

現状把握ができたら、
新規発売の保険商品を調べます。

 

リビングニーズ特約などは、
加入した後から付加できます。

 

先進医療特約は加入してから
追加ができない契約もあります。

 

追加ができない契約に加入中の
あなたが取るべき方法は、
新規で加入することです。

 

保険料が高くなってもよければ簡単です。

 

一定額の保険料枠に収めるのは、
けっこう難しい作業です。

 

  • 必要な保障に順番をつける
  • 保障額(保険金)を下げる
  • ダブってついている保障は削る
などの検討をします。

 

生命保険を組み合わせる

 

  • 医療保険
  • 定期保険
  • 収入保険
  • 終身保険
  • 年金保険

それぞれの長所を生かして、
組み合わせてあなたにピッタリのプランを作成します。

 

複数の保険商品(会社)を組み合わせて、
あなたの希望通りの生命保険プランが作成されます。

 

減額・増額・途中付加・契約転換・新規加入

 

最後に決断をします。

 

  • 減額
  • 増額
  • 途中付加
  • 契約転換
  • 新規加入

などを検討します。

 

ライフサイクル表と生命保険の見直し・まとめ

 

生命保険はライフサイクル表に沿って見直します。
     保険の見直し    
ライフスタイルに変化があればライフサイクル表も作成し直します。
     保険の見直し
ライフサイクル表を作成し直した時は保険の見直しが必要です。

 

 

生命保険の見直し方法は大きく分けて4通り

 

生命保険の見直し方法は

  • 契約転換
  • 乗換
  • 解約
  • 減額・払済・延長
の4通りがあります。

 

 

大部分の人は高額な死亡保障を減額し、
医療保障の充実を図ると思います。

 

医療保険・がん保険・介護保険も
過不足がないか検討します。

 

特約、たとえば
先進医療特約、
がん一時金給付特約などに
新しい良い商品が発売されていないか?

 

医療保障でぜひ追加していただきたいのは、
先進医療特約があります。
FPと相談して追加してください。

 

 

無料相談から保険のプランニング、加入手続きまでの費用は
FPが生命保険会社から受け取る手数料で賄います。

 

加入を断っても、
費用をあなたに請求することはありません。
安心して相談してください。

 

FPは何度もお会いして、
あなたが得心するまで説明するでしょう。

 

私も現役の時は、
5年くらいの期間に加入して頂ければいいなあと
思って活動していましたよ。

 

私はファイナンシャルプランナーは
あなたが選ぶべきだと思います。

 

写真を見て話が合いそうな
ファイナンシャルプランナーを選択できる会社があります。

 

あなたがファイナンシャルプランナーを
保険の見直し 選べる会社はコチラから