google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

ライフサイクル表 生命保険 独身者 見直し

スポンサードリンク

独身者:ライフサイクル表から考える生命保険の見直し

保険の見直し

 

生命保険は病気になる前に
加入しておくことが、
一番大事なポイントです。

 

未加入なのであれば、
早く加入するよう検討しましょう。

 

 

生命保険は病気になってからは加入できない

 

大きな病気になってしまった後では、
生命保険に加入することが出来なくなる
可能性が大だからです。

 

ですので、
健康なうち、加入できるうちに
生命保険に加入しましょう。

 

 

独身に必要な保障は 200万円

 

独身の人の場合は、
死亡保障については
大きな保障は必要ありません。

 

独身時代 必要保障額
独身時代を通して 200万円~300万円

 

 

最低減必要な入院費用と
葬儀代などをカバーできれば、
たとえば200万円から300万円くらいで、
それ以上は必要ないと言えます。

 

入院医療保険保険や
ガン保険に加入が必要です。

 

私がお勧めするのは

  • 終身保険200万円
  • 医療保険
  • ガン保険

です。

 

子どもが生まれたら死亡保障に加入!でも?

 

保険の見直し

 

最近は「できちゃった婚」が珍しくなくなりました。

 

独身でも、
戸籍を入れなくても
お子さまは生まれます。

 

私も現役時代に
「子供が生まれたら加入しますよ」
と、時々言われました。

 

子どもが生まれる前に事故!白血病!

 

若い人だからといって
事故にあう確率は低くはありません。

 

若い人だから白血病・がんになります。

 

ガンになったら高額の死亡保障には
加入出来ません。

 

「できちゃった婚」の恐れのある人は
妊娠が分かったらすぐに生命保険に加入しましょう。

 

死亡保険金の受取人は配偶者か子

 

若い人は十分な貯金はありません。

 

残された家族の
生活を支えられるだけの
保障・生命保険は絶対必要です。

 

生命保険では死亡保険金の受取人は
お腹の子を死亡保険金受取人に指定できません。

 

婚約者でも
死亡保険金の受取人に指定できません。

 

「戸籍上の配偶者と子」
は特別です。

 

まとめ

 

独身時代は扶養家族は居ないとして、
保障額は200万~300万円で
自分でも簡単に計算できます。

 

「できちゃった婚」もあります。

 

若い人は

  • 交通事故
  • 白血病

とか気を付けても防げません。

 

その人のライフサイクルに合った
十分な保障額にする必要があります。

 

個人で計算するのは簡単ではありません。

 

写真を見て話が合いそうなファイナンシャルプランナーを選択できる?

 

あなたがファイナンシャルプランナーを選べる会社保険の見直しコチラから