google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

39歳 生命保険 医療保険 見直し

スポンサードリンク

39歳は生命保険・医療保険の見直しのタイミングか?

保険の見直し

 

結婚した時や、
子供の誕生の時に加入した生命保険は、
そのまま継続している人が多いと思います。

 

家族が増えたとか家を購入したとか、
生活環境に変化が無くても、
生命保険を見直したほうが良い時があります。

 

それが39歳時です。

 

理由は、
健康診断で異常を指摘された人が増えるからです。

 

 

39歳は生命保険・医療保険の見直しのタイミング

 

なぜ39歳にこだわって
生命保険医療保険を見直すほうが良い、

 

という理由は、
会社の定期健診にあります。

 

40歳からの定期健診は検査項目が多い

 

40歳になると会社の定期健診は
検査項目が増えて、
異常を指摘される人が多くなります。

 

実際に仕事量も増え、責任も重くなり
心理面からもストレスが増加して、
体調を崩す人が多くいます。

 

 

あなたの周りには、
40歳から血圧を下げる薬を飲み始めたとか、
コレステロール値を下げるように
運動や食事の指導を受けた人が多いと思います。

 

 

39歳までなら、
健康診断の項目も少ないので、
異常を指摘される人も少なく、
新しい生命保険に加入し直すという
生命保険の見直しがスンナリできます。

 

39歳が生命保険・医療保険の見直しのタイミングという理由です。

 

健康診断で異常が出ないうちに見直しましょう

 

私の経験から言いますと、
健康診断で異常を指摘されてから、
「保険を見直してくれ」
という人が多かったです。

 

保険を見直すことは、
新しく加入し直すことを含めて考えますから、
健康な時しかできません

 

健診項目の少ないうちに、
39歳までに1回見直しましょう。

 

 

生命保険見直しの手順は

 

最初にすることは、
ライフサイクル表を作成します。

 

とくに重要なことは
イベント表にまとめたいですね。

 

大きい支出・
車の買換えや家の水回りの修理は
10年毎に考慮してください。

 

書き洩らすことはないでしょうが、
お子様の教育資金や
住居費は大きい金額です。

 

マイホームを購入したら
生命保険の金額は減額しても大丈夫です。
詳しくは【団体信用生命保険】住宅ローンを借りたら生命保険を見直す

 

ライフサイクル表・イベント表に基づいて、
収入と支出を計算し
キャシュフロー表を作成します。

 

そのキャシュフロー表に基づいて
万一時に不足する金額
生命保険で準備します。

 

同様に
公的年金分を加味して
生命保険を見直しをしましょう。

 

 

具体的には
遺族年金で不足する生活費は
収入保険で準備
します。

 

教育資金は
今まで準備してきたものを
継続するのが良いでしょう。

 

貯金プラス定期保険でプランを組み立てます。

 

個人年金保険料控除も利用しましょう

 

リタイアー後の生活については、
公的年金だけでは
希望する生活が維持できません。

 

生命保険料控除が利用できる
最大額年間8万円までは、
税制適格型の個人年金保険に加入しましょう。

 

保険料を支払っている間は
所得税・住民税から
年金保険料控除が受けられます。
詳しくはサラリーマンの生命保険料控除は年末調整時に申告
自営業者の方は確定申告時に生命保険料控除申請!

 

 

先進医療特約とp免特約はおすすめです

 

医療とくにがんの治療については
高額な自己負担をしないで済むように、
先進医療特約は付けておきたいものです。

 

 

先進医療特約の保険料は
月払いで100円程度ですから、
ぜひ付加することをお勧めします。

 

 

保険料が高いわりに内容がわかりにくい
保険料払込免除特約(P免)
忘れず付加しておきたいものです。

 

 

支払保険料総額と
目先の保険料に注意してください。

 

 

終身保険や医療保険終身タイプの場合には、
月当たりの保険料が安いので
終身払(全期払)を選択しがちですが、

 

平均余命まで継続して保険料を支払うと、
60歳(65歳)払込満了の合計保険料より
多く支払うことになります。

 

可能ならば、
払込期間はリタイアするまでには
終了するようにしたいものです。

 

こちらも参考に読んでください。
医療保険 10年更新タイプは1.87倍も高い

 

 

ご自分で調べて比較するより、
ライフサイクル表・イベント表、
キャシュフロー表まで作成して
無料で相談
に乗ってくれる?

 

場合によっては保険に加入し直しても良い
と、考えているならば
FPに依頼したほうがお得ですよ。

 

通販で加入しても
FPに依頼して加入しても
プランが同じならば
保険料も同額
です。

 

通販が安く見えるのは、
難解な特約などはずして
安いプランを宣伝している
からです。

 

まとめ

 

39歳までには生命保険・医療保険を
見直したほうがなぜ良いかご理解いただけましたでしょうか?

 

生命保険は健康な時しか
やすい保険料では加入できない。

 

無駄なく、バランスよく見直す

 

限られた予算で
理想的な保険プランに組み立てるには
複数の保険商品を
組み合わせるのが一番いい方法です。

 

 

他人が作成したプランに
ケチをつけるのは簡単ですが、
自分で一から作るとなると
大変時間がかかります。

 

 

FPに作成して貰ったプランに
注文を言って、
希望的プランに修正して貰いましょう。
それが一番楽な方法です。

 

自分で考えても良いプランが見つからない時は
プロのFPに無料相談してみましょう。

 

あなたがファイナンシャルプランナーを
選べる会社
保険の見直しコチラから