google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

介護 生命保険 見直す 定期型 終身型

スポンサードリンク

介護に備えて生命保険を見直すなら定期型?終身型?

超高齢化社会を迎える日本において、
介護の問題は誰もが避けて通れない重要な問題です。

 

国としてもそれなりの施策を講じてはいますが、
現実問題として公的な援助だけで
全てが賄えるわけはありません。

 

家族に迷惑をかけないためには、
ある程度は自らが備えておくことが必要になります。

 

 

介護が必要になった時の備えとしては、
生命保険の見直しも重要な事項になります。

 

 

介護に備える生命保険

 

現在は保険会社でも介護保険や
生命保険の介護特約、

終身保険を介護受取に変更、
などが考えられます。

 

介護保険(特約)が
定期保険から組み立てているものより
終身保険から組み立てられている方が
受取方法が多種あります。

 

 

保険料を払い込み期間中は
少額の死亡保障もあり、
保険料払込終了後は
年金で受け取れるなど
受取方法が用意されています。

 

介護保険は認定基準に注意

 

介護保険に加入する時は
介護認定基準に注目します。

 

主契約に付加された
介護保障定期特約は
介護一時金を受け取っても
死亡保険金は残ります。

 

一時金と年金でも受け取れます。

 

特約型は保険料が安くてすみます。

 

 

終身タイプの介護保険では
一時金を受け取った時点で
保険が消滅します。

 

終身タイプでは
保険料払込終了後は
年金に替えて受け取れます。

 

保険料は高額になります。

 

介護保険制度で変化

介護保険(特約)は
未だに発展中の保険です。

 

国の介護保険制度がかわるごとに
生命保険も合わせて変化します。

 

常に新しい介護保険に
対応して保険を見直せません。

 

どこかの時点で
介護に備えるという
保険本来の機能も
考えておいてください。

 

まとめ

 

あなたはいつまで元気で生きられますか?
75歳までは元気でしょうか?

 

退職金の大半を介護施設の入所金に支払う人もいます。

 

テレビでは介護施設の予約に
高額な入所金を退職金で支払ったそうです。

 

運が悪いのか?
夫は入所しない中に急死されたそうです。

 

あまり早くから準備は必要ないかも?

 

自分で考えて分からないときは、
FPに無料相談しましょう。

 

FPは保険だけでなく、
お金のことを総合的に判断します。

 

予約して相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?