google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

定期特約付終身保険 更新型 減額更新

スポンサードリンク

定期特約付終身保険・更新型は減額更新で理想的変化

人気の『更新型』生命保険に入ってはいけない」?

 

「人気の『更新型』生命保険に入ってはいけない」
あなたの人生設計が狂います
保険のプロが警鐘を鳴らしてますが、本当でしょうか?

 

私は年齢とともに
ライフサイクルに合わせて
保障額を下げるようにすすめます。

 

保障額を下げる=減額更新こそが
定期特約付終身保険を理想的なプランに
変化させる唯一の方法です。

 

以下の記事を読んでいただけば、
「ああ、そうなんだ!」
と、ご理解いただけます。

 

 

生命保険で損をしたくないなら

 

「週刊現代」 8/22・29号・・に、
生命保険に関する興味深い記事がありました。

 

 

『生命保険で損をしたくないならこの1冊』
の著者が書いているのですが、
一方的な考察で現実的ではないと思います。

 

では、内容を簡略にまとめました。

 

 

本当に更新型は入ってはいけない保険でしょうか?

 

筆者は続けて言います。

 

「人気の『更新型』生命保険に入ってはいけない」
   あなたの人生設計が狂います

 

1,400万円近くをドブに
定年退職後、あなたが亡くなったら遺族がいくら
手にするのかを計算したことがあるだろうか。
20年以上支払ってきた生命保険にもかかわらず、
保障額がわずか100万円だったとしたらーーー。

〇〇生命の『△△人生』
   死亡保障額:5,000万円、入院:1万円/日。
   Gさんが35才で加入、保険料は29,034円。
   10年後契約更新で、保険料は53,695円に。
   さらに10年後契約更新で、保険料は85,135円に。
   60才までの支払いをすべて終えると・・
   支払い保険料の総額は1,491万円。
   定年退職後の終身保険の保障額は・・なんと、
   わずか100万円程度。
   定年後も今までと同じように保障が続くと
   勘ちがいしていたGさんの思いは、
   まったく裏切られる。
   定年までの人生を健康に過ごせば・・
   1,400万円近い大金をドブに捨てたも同然。

 

ボロボロにこき下ろされていますが、
大手生命保険会社が何の検証もなく
そんなにひどい保険を売っているのでしょうか?

 

この保険を検証する前に
筆者が理想とする保険を推奨しているので見てみましょう。

 

『積立利率変動型終身保険』がお勧めの保険?

 

筆者が自信を持ってお勧めする保険は・・
   『積立利率変動型終身保険』 ・・です。

 

   ・保険料が一定。
   ・生涯を保障する終身保険。
   ・運用益分だけ保険金が増える。
   ・運用が不調でも最低保証がある。

 

   たとえば・・〇〇生命、
   一生涯の死亡保障:1,000万円の場合、
   35~60才の払込みなら・・
   保険料月額は23,060円。(途中増額は無い)
   払込み総額は691.8万円。
   〇〇生命の試算では・・60才の時点で解約しても、
   最低702万円の解約返戻金が得られる。
   60才未満で解約しなければ、支払額以上が戻る。

 

   あなたの生命保険はだいじょうぶか?
   保険証書を引っ張り出して点検してほしい。

 

ここで1番に検証してほしいポイントは、
保障額は5、000万円か、それとも1,000万円か
どちらが本当に必要保障額なのかという点です。

 

小さいお子様がいて1,000万円の保障では
父親に万一があったら遺族年金だけです。
会社の退職金がたくさんもらえればいいのですが、
勤続年数が短い人はそんなに望めません。

 

だから、5,000万円の保障が必要なのです。

 

死亡保障は5,000万円?1,000万円?どっちが欲しい?

 

死亡保障額:5,000万円は
どうしても必要保障額なのです。
1,000万円では足りません。

 

では、5,000万円で比較しましょう。

 

更新タイプの保障を選択すれば
Gさんが35才で加入、保険料は29,034円。

 

終身保険は35~60才の払込みなら・・
保険料月額は23,060円。
ただし、1,000万円の保障だから
5,000万円に加入すれば
23,060×5=115,300円

 

同じ5,000万円の保障であっても
更新型:29,034円
終身保険:115,300円

 

毎月115,300円という金額は
60才未満で解約しなければ、
支払額以上が戻るというが、
現実的に35歳のサラリーマンが払える保険料ではありません。

 

どんなに損をしない保険だから良いですよと言われても、
毎月115,300円の保険料は払い切れません。

 

 

それではどうすればいいのでしょうか?

 

更新タイプは更新しないタイプ?

 

大手生命保険会社が
堂々とペテンにかけるでしょうか?

 

〇〇生命の『△△人生』
   死亡保障額:5,000万円、入院:1万円/日。
   Gさんが35才で加入、保険料は29,034円。
   10年後契約更新で、保険料は53,695円に。
   さらに10年後契約更新で、保険料は85,135円に。
   60才までの支払いをすべて終えると・・
   支払い保険料の総額は1,491万円。
   定年退職後の終身保険の保障額は・・なんと、
   わずか100万円程度。
   定年後も今までと同じように保障が続くと
   勘ちがいしていたGさんの思いは、
   まったく裏切られる。
   定年までの人生を健康に過ごせば・・
   1,400万円近い大金をドブに捨てたも同然。

 

生活設計書のマネープランを考慮していないから
更新タイプの保障を60歳まで更新すると勘違いするのです。

 

ライフサイクルから考えましょう。
おぎゃと生まれた子供が10年経てば
小学3年生になります。

 

更に20年経過すれば
大学2年生。
人によっては立派な社会人です。

 

もう親としての扶養義務は僅かです。

 

つまり
50歳になったら5,000万円の保障はいらない。
極端な話、親に万一があっても自分で食べていける年である。

 

 

50歳になったら死亡保障は僅かで良い。
それよりも自分達(夫婦)の退職後の
生活資金を心配すべき年齢です。

 

ここまで来ると親の扶養義務は無いに等しいのです。
だから、

更新タイプは更新しないタイプなんです

 

じゃあどうすればいいのか?保険期間と更新

 

あなたがすすめられて定期特約付終身保険に
加入した時はお子様が生まれた時でした。

 

このパターンが私の経験で一番多かったです。

 

定期特約付終身保険に加入する時に

  • 10年
  • 15年
  • 全期

のなかから選択します。

 

保険料が安くて
当面の保障が多くある
10年の定期特約を選びます。

 

定期特約の期間が10年では短い

 

10年後はお子様は10歳です。

 

子どもが小学3年生(10歳)では、
夫に万一があっても
妻はフルタイムで働けない。

 

だから最初に加入する時は、
末子が中学3年生になる
15年更新で加入すればいい。

 

次の更新は10年と決められていますが(25年払込)
最少期間の5年に変更して更新しましょう。

 

当然、
保障額はライフサイクルに合わせて
大きく減額更新しましょう。

 

 

加入した時保険料が高い場合 10年更新

もし保険料が高かったら10年更新で加入して、
5年、5年、5年と更新することも可能です。

 

生命保険の保障期間と保障金額は
ライフサイクルとマネープランで決めましょう。

 

 

誰でも強制的に加入させられている保険があります。
厚生年金・国民年金の遺族年金も考慮してください。

 

まとめ

 

著者は
保険料払込みが終了した時点(60~65才)で、
多くの保障が終わってしまう。
あとは、100万円程度の終身保険しか残らない。

 

それでいいのです。
保険料が払えないのだから
保障が終わらざるを得ないのです

 

  • 相続税の心配
  • 相続(争族)対策

を考えなければいけない人は
別個に考えればよいのです。

 

筆者はまた
「更新型」なので、同じ保障内容なら10年ごとに
保険料が1.5~2倍程度も増額になる。

 

毎月115,300円を払える人は
保険は掛け捨てタイプにして、
貯蓄は短期で運用されると思います。

 

私は組合せをおすすめします。

  • 掛け捨ての生命保険
  • NISAかIdecoの節税効果

が、最近のプランです。

 

25年間も塩づけにするのは
マネーの運用として適当ではないと思います。
低金利の時だからこそ、運用はマメにしましょう。

 

 

自分で検討しても分らない時はプロに相談するといいですよ。