google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

定期特約付終身 入院特約 60歳で終了

スポンサードリンク

定期特約付終身の入院特約は60歳で終了?80歳か?

国内生命の定期特約付終身保険では、
入院特約などの特約は、
特約の更新が終了したら
保障も終了する

 

プロのFPがこんなあり得ないなことを
本にまとめて書いています。

 

こんなことはありません。
実務を知らないのです。

 

 

 

定期特約付終身保険の更新とは

 

60歳で払い込みが終了したら
更新していた特約はどうなるのでしょうか?
本当に入院特約は終了するのでしょうか?

 

払込終了で特約は更新できない

 

国内生保のセット型更新保険は、
主契約(最後まで残るもの)は終身保険です。

 

他の保障は全て特約で設計されています。

 

死亡保障のある特約は

  • 定期特約、
  • ファミリー定期特約,
  • 3大疾病保障特約

などは、継続できず終了となります。

 

  • 入院特約、
  • がん入院特約、
  • 傷害特約

などは、
延長して継続することが出来ます。

 

払込終了後は80歳まで

 

入院特約などは継続ができますが、
80歳までの期間が多いようです。

 

医療の保障は80歳過ぎても継続できます。
80歳以降は保険期間は終身に変わります。
※生命保険会社、商品により異なります。

 

更新が終了!入院特約の延長手続き

 

60歳払込満了時の入院特約延長については、

  • 健康診断
  • 告知

など一切必要がありません。

 

保険料を払い込み続ければ
保障はそのまま継続します。

 

まとめ

 

定期特約付終身保険の基本は、
終身保険を解約すれば
保険そのものが全部終了します。

 

定期特約など死亡保障のある特約

 

60歳で払い込みが終了したら、
定期特約などは更新できません。

 

入院特約・傷害特約など続けられるもの

 

入院特約傷害特約などは、
80歳満了タイプに変更され
保険料も年払に変更になります。

 

入院特約の場合は
第1段:80歳まで
に変更されます。

 

生きておられたら、保障は終わりではなく、

 

第2段:終身保障に変更
保障は一生続きます。

 

定期特約付終身保険でも、
医療特約は払込終了後も続けられます。

 

あなたは安心して長生きしてください!

 

あなたが調べてもよくわからない時には
自宅近くのFPに無料相談しましょう。