google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

高額療養費制度 医療保険 保険料 減らせる

スポンサードリンク

高額療養費制度を利用すれば医療保険も保険料は減らせる

生命保険なかでも医療保険を見直すときには、
高額療養費制度と傷病手当金について知っておきましょう。

 

傷病手当金については、
傷病手当金は健康保険から給付!美容整形は不支給を読んでください。

 

今回は高額療養費制度について説明します。

 

 

高額療養費制度とは

 

病院の窓口で支払う自己負担額が高額になることもあります。
この場合に「高額療養費制度」で負担が軽くなるようにしています。

 

高額療養費制度を使える人

 

高額療養費制度を使える人は健康保険の加入者です。

 

傷病手当金は国民健康保険では無い制度でした。
高額療養費制度は国民健康保険にも適用されます。

 

高額療養費を使って自己負担は?

 

入院して高額な自己負担額のとき高額療養費はいくらになるでしょう?

 

大胆にいえば、
窓口負担が3割の人は約80,100円と少々です。

 

計算が簡単なように、

  • 医療費:100万円
  • 窓口負担(3割):30万円

で、自己負担額を計算します。

 

あなたは給与所得者で月収30万円とします。

 

自己負担限度額は以下の式で計算します。

 

自己負担限度額=80,100円+(総医療費※1-267,000円)×1%

 

協会けんぽのホームページから引用
「全国健康保険協会ホームページ」(http://www.kyoukaikenpo.or.jp/)

 

 

あなたの自己負担限度額は上記式にあてはめます。

 

自己負担限度額=80,100円+(1,000,000円-267,000円)×1%=87,430円

 

高額療養費=窓口負担30万円-自己負担限度額87,430円=212,570円

 

従来は病院の窓口でいったん30万円を支払います。
あなたの健康保険に高額療養費を請求していました。

 

約3か月後に高額療養費212,570円が支給されました。

 

この支給方法を改めました。

 

認定証の提示で自己負担限度額適用

 

平成24年4月1日から「認定証」などを提示すれば、
窓口での支払いが一定の金額にとどめられるようになりました 。

 

これまでの高額療養費制度の仕組みでは、高額な外来診療を受けたとき、ひと月の窓口 負担が自己負担限度額以上になった場合でも、いったんその額をお支払いいただいてい ましたが、平成24年4月1日からは、限度額を超える分を窓口で支払う必要はなくなります。

 

あなたが加入している健康保険組合などに、
「認定証」(限度額適用認定証) の交付を申請してください 。

 

厚生労働省のホームページhttps://www.mhlw.go.jp/から引用

 

最近入院された方は病院の看護士さん?から、
「市役所で『証明』を貰ってきてください」
といわれたそうです。

 

入院して高額な医療費が見込まれる場合には
病院から詳しい説明があります。

 

高額療養費が複数ある

 

高額療養費が3回以上ある時や
家族単位で合算して高額療養費が支給される場合もあります。

 

詳細はあなたの加入している健康保険に問い合わせましょう。

 

高額療養費が支給されないもの

 

高額療養費が支給されないものです。

 

  • 入院時の食事代等の一部負担
  • 差額ベッド代
  • 先進医療の技術料など特殊な治療費
  • その他の雑費

は高額療養費が支給されません。

 

差額ベッド代

 

差額ベッド代は個室にだけかかると思っていませんか?
3~4人部屋でも差額ベッド代がかかる病院もあります。

 

「主な選定療養に係る報告状況」を
厚生労働省のホームページhttps://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000140217.pdfから引用します

 

差額ベッド代 平成27年7月1日現在

1日当たり 平均徴収額 (推計)
1人室 7,828円
2人室 3,108円
3人室 2,863円
4人室 2,414円
平均額 6,155円

 

差額ベッド代のかかる病室に入院する場合は、
病院は患者または家族に文書で同意を得る必要があります。

 

患者は拒否も出来るようですが、現実的ではありません。

 

あなたに貯えがある時はいいのですが、
お財布が心もとない時は医療保険で準備しましょう。

 

先進医療も全額自己負担

 

がん治療における重粒子線や陽子線治療は300万円以上かかります。
これら先進医療は医療保険やがん保険で準備するとよいですね。

 

その他の雑費も給付されません

 

入院にさいして衣類、洗面用具などは考えられますが、
TV視聴のカード代がかかりました。(私の場合です)

 

退院後は快気祝いなどの費用もバカになりません。

 

医療保険を少し多めに加入しておくのもいいかもしれません。

 

まとめ

 

生命保険の加入の目的は、
公的な保険制度で不足する分に備えるためです。

 

高額療養費が支給されることが理解できれば、
医療保険も過大な保障に加入しなくて良くなります。

 

結局は医療保険などが減額で来て、保険料の節約になります。