google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

生命保険料を払えない!解約をする前に対策はある?

スポンサードリンク

生命保険料を払えない!解約をする前に対策はある?

保険の見直し

 

保険料が払えなくなった時の
保険の見直し方には色々な方法があります。

 

保険料が2~3か月の短期間だけ支払えなくて、
その後は続けて支払える場合などは、
自動振替貸付を利用するのもいいでしょう。

 

ただし、
自動振替貸付を利用できるのは
解約返戻金のある保険に限られます。

 

保険料が払えない!

 

対処法を詳しく説明します。

 

 

保険料が払えない!払済保険・延長保険

 

本などに書いてある「保険料が払えなくなった時の保険の見直し方」は

  • 払済保険
  • 延長保険

です。

 

払済保険の詳しい説明は、
保険料が払えない!払済保険は予定利率に変更なしを読んでください。
払済保険へ変更で生命保険を見直し!低解約は注意も、合わせて読んでください。

 

延長保険の詳しい説明は、
保険料が払えない 延長保険は今の保障額を継続!を読んでください。

 

 

最後の手段は解約です。
解約の詳しい説明は、
解約、解約返戻金とは?専門用語で契約を解除することを読んでください。

 

 

払済保険・延長保険はあまりにも単純な解決法です。
解約する前に、いろいろな方法がありますので、
もう少し検討してみましょう

 

保険料が払えない!減額

 

全く払えないわけじゃあないけど、
毎月の支払いが大変である。

 

このような人には、せめて
保険料を半分に出来ないか?
という時の対処方法をアドバイスしたいと思います。

 

保険料を半分に出来ないか?

 

保険料を半分にするためには
減額手続きが必要です。

 

減額手続きで注意することは、
いくつかの方法があるので
何人かに相談することです。

 

生命保険会社によって異なる

  • 最低保険料
  • 最小保険金額

などの制限があります。

 

あなたの希望通り保険料を半分にできる保障はありません。

 

契約して2年~3年の人 乗り換え

 

 

現在の保険に加入してからあまり経過していないなら
さっさと解約をして、
同じ保障内容で
保険料がウンと安い生命保険会社に乗り換えましょう

 

保険料を3割安く コチニン検査

 

あなたは健康ですか?
たばこを1年以上吸つていませんか?

 

あなたの答えが2つともOKでしたら、
安い保険料で加入できる生命保険があります。

 

健康で、喫煙しない人には
三割引きで加入出来る会社もあります。

 

 

ここで注意しておきたいことは、
健康診断の結果についての査定基準が
保険会社によって異なります。

 

1例を挙げれば、
最高血圧120㎜hg未満、最低血圧80㎜hg未満であれば、
割引を受けられる会社もあれば、
最高血圧139㎜hg未満、最低血圧89㎜hg未満であれば、
割引を受けられる保険会社もあります。

 

また、

  • 告知だけで良い
  • 医師による診査が必要

などによっても保険料が変わりますからシッカリ調べましょう。

 

保険料を安くするには
面倒でも診査医に検診してもらって、
コチニン検査(ニコチンではない)を受けるのが
一番安く出来る方法です。

 

生命保険会社を選ばないと販売していません。

 

自分で調べても分からないときは、
FPに依頼して調べて貰いましょう。

 

 

保険料を安く ゴールド免許

 

損保系生命保険会社によっては、更に安くなります。
ゴールド免許や自動車保険の等級が高いと
割りきしてくれる会社もあります。

 

 

生命保険料を安く出来る方法は自分で考えるより
プロのFPに相談してみましょう。

 

なぜ保険会社に所属しているFPではダメなのかというと、
その所属している保険会社の保険の商品しか説明しません。

 

理由は、
他社を誹謗中傷することの可能性もあり、
第一に他社の保険商品は販売できません。
他社の保険は販売できないから、
自分の会社の保険しか勧められません。

 

 

数社の保険を比較してもらうには、
複数社の募集人であるFPにしかできません。

 

 

持病があって新しい保険に入れない場合の対処法

 

持病があって新しい保険に入れない場合の対処法は
現在加入中の保険はそのまま継続し、
保障を減額したり特約を解約する方法です。

 

国内生命保険会社に入っている人は
多分セットで加入していると思います。

 

外資系の保険でも考え方は同じです。

 

先ずは
貯蓄部分の保障(終身保険)を最少額まで減額します。
大分安くなりましたか?

 

会社によっては
終身保険と定期特約の比率に条件があるから
あなたの希望通りにしてくれないかもしれません。

 

もっと保険料を減らしたい時は
特約を減額または解約しましょう。

 

特約のうち必要ないものから減額または解約しましょう。

 

保険料払込免除特約は最後に解約

 

保険料払込免除特約は保険料が高くても外さないでください。

 

重大な病気になった時は治療費がかかります。
会社は休むことも多くなり、給料も減額されるかもしれません。

 

そんな時に力づよい味方になるのが
保険料払込免除特約(P免)です。

 

三大疾病や介護状態になったら
以降の保険料の支払いが免除されるからです。
病気が治っても保険料の払い込みは再開しません。

 

 

保険料払込免除特約は加入時点しか付けられません。
後からでは付加できないので保険料払込免除特約を解約する場合は注意しましょう

 

 

解約・減額・払い済みを考えるのはまだ早い

 

貯蓄部分の減額もした。

 

特約の減額・解約もした。

 

あなたは病人です。
今から新しく保険には入れないのです。

絶対今の保険は継続しましょう。

 

もう保険料を安くする方法がないのでしょうか?

 

保険料が払えない!減額

 

まだ保険料を安くする方法があります。

 

期間短縮です

 

年を取ってからの保障が不要であれば、
保険期間を短縮して生命保険料を下げられます。

 

終身保険の払込期間は変えられないでしょうが、
定期特約の更新期間は変更できると思います。

 

FPには評判の悪い定期特約更新型なら最高!
期間短縮して定期特約の保険料を下げましょう。

 

もう少し保険料を安くしたいのなら
定期特約の減額を期間短縮と同時に変更しましょう。

 

 

今の保険を解約して、告知なしに新しい保険に入れる?

 

延長・払済・解約は最後の手段です。

 

保険会社会社は限定されます。

 

今の保険を解約して、
同時に終身保険や定期保険に
告知なしで変更できる保障もあります。

 

そんな保険あるのだったら、加入する時に教えてよ!

 

知ってると知らないとでは大きな差になります。
加入する時にセールスを選ばなかったからです。

 

手数料の多寡で勧める保険を判断しているセールスもいますし、
一生の付き合いになるからと良い保険を進めてくれるセールスもいます。

 

新入社員のセールスもいれば、30年の経験者もいます。
あなたにとっては皆同じ保険のセールスです。

 

結果は加入する時に決まります。

 

まとめ

 

今までのどの方法で試算してみても
あなたの希望に添えなかったならば
その時は次の順番で検討しましょう。

 

担当のセールスに
延長→払済→解約の
順番に試算してもらいます。

 

私のアドバイスは、
保険に加入した以上、
保障は大事と考えるからです。

 

自分で考えるよりも、
あなたが加入している生命保険会社の
コールセンターに問い合わせてください。

 

コールセンターに問い合わせるコツは、
自分の希望をハッキリさせてから電話します。

 

希望の

  • 保険料
  • 保険金額
  • 必要な保障

などを伝えることが大事です。