google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

保険を見直し!払済保険に変更、低解約時期は注意!

スポンサードリンク

保険を見直し!払済保険に変更、低解約時期は注意!

保険の見直し

 

昔から加入している生命保険の保険料が高く見直したいと思っても、
生命保険の仕組みが複雑なものが多く、
どこをどう変更したらよいか分からないですよね。

 

保障の大きな掛け捨ての保険では、
月に1万円も2万円も掛け捨てる場合もあり、
家計の圧迫するなどで見直しを迫らます。

 

見直しにはどんな方法があるのでしょうか?

 

今回は払済保険、とくに
最近好評な低解約終身保険について説明します。

 

 

払済保険 見直し方法

 

見直し方法の1つに払済保険があります。

 

低解約終身保険は払済保険に変更する時点が

  • 低解約期間か?
  • 低解約期間を脱出しているか?

注意点を説明します。

 

払済保険 とは?

 

払済保険は、

  • 保険料の払い込みを中止して、
  • その時の解約返戻金を一時払保険料に充当し、
  • 保険期間が同じ生命保険を継続する
方法です。

 

一時払いの養老保険に変更したのが払済保険です。

 

加入中の死亡保険金は減額される場合がほとんどです。

 

解約返戻金のない生命保険では払済保険に変更できません
加入して短期間の場合も払済保険に変更できません。

 

つまり、
解約返戻金がある程度貯まっていないと
払済保険に変更できません

 

払済保険 満期が近いはお得

 

満期まであと数年という時は、
解約するより払済保険にしたほうがお得です。

 

 

お宝保険の場合にはおススメする方法です

 

理由は、
保険の見直し払済保険に変更しても変更後の予定利率は、
加入時の予定利率を適用するからです。

 

つまり、
お宝保険の高い予定利率は払済保険に変更しても変わりません

 

満期が近い場合などは
そのままの良い予定利率で運用され、
満期金も多く期待できます。

 

払済保険 見直しのポイント

 

見直しのポイントは

  • 現在はお金が必要ない
  • 保障額が下がっても良い
  • 利回り良く運用したい
  • 保険料を支払いたくない
など、ご希望がある時は良い選択です。

 

 

ライフサイクルで考えると、
お子様が独立して扶養義務がなくなった人にはとくにおすすめです。

 

保険の見直し
保障額は減っててもいいから、
保険料を支払いたくない場合は払い済み保険に変更します

 

保険の見直し
今まで支払ってきた保険料を出来るだけ多く取り戻したい。
今すぐには解約返戻金はいらない。
などの条件が揃った場合払済保険に変更します。

 

誤解を恐れずに言えば、
払済保険は一時払い養老保険に変更したものです。
生命保険の定期預金みたいなものです。

 

 

低解約終身保険はタイミングが重要!

 

低解約終身保険のセールストークには、

 

働いている間は保障、リタイアしたら返戻金が大事

 

そのプランにピッタリの保険が低解約終身保険です。

 

加入から6~7割の期間を低解約にし、
低解約期間を過ぎたら高利回りになるように設計しています。

 

だから、
普通の終身保険と比較して、
低解約終身保険は保険料を低く抑えてあります
などと、お勧めいたします。

 

 

保険料が負担になり、
低解約終身保険を払済保険に変更するときは注意が必要です。

 

一番誤解しやすいポイントです。

低解約終身保険を払済保険に変更 予定利率?

 

低解約終身保険を払済保険に変更すると、
払済後の予定利率は
払済時の予定利率を適用します。

 

 

低解約終身保険の仕組みは

  • 保険料を支払い中は保障に重点
  • 保険料を支払い満了後は高利回りに重点

をおいている保険です。

 

低解約期間に払済保険に変更

 

低解約終身保険は、
保険料払込期間の0割~7割の期間に解約金を少なくして、
保険料を意識的に抑えている死亡保障中心の終身保険です。

 

低解約期間は予定利率は低く抑えてあります。

 

低解約期間は予定利率は低く抑えてありますから、
低解約期間に払済保険に変更すると、
低い予定利率で固定されて最後まで運用されます。

 

低解約期間を過ぎて払済保険に変更
 

 

低解約期間を過ぎると予定利率は変更されて高くなります。
低解約終身保険は保険料払込満了後は高利回りで運用されます。

 

低解約終身保険を保険料払込満了近くに払済保険に変更すれば、
予定利率はその時の予定利率が適用され高い利率で運用されます。

 

 

低解約期間には減額で見直し

 

低解約終身保険は低解約期間に払済保険に変更すると、
低解約の予定利率が適用され、低利回りで固定されて運用されます

 

 

いざ解約したいと思ったら
「増えていないじゃないか」
と、言うことになりかねません。

 

低解約終身保険は保障額は変動しません

 

低解約終身保険変動するのは予定利率です。

 

保障額は一定であり、変動することはありません

 

低解約期間に、
保険料を低く抑えたい時
は、
払済保険ではなく減額を選択しましょう。

 

 

保険の見直し

 

私の100の説明よりも、
電話でサービスセンターに相談して、
返戻金の将来価格を提示してもらいましょう。

 

自分では判断できないと思ったら、
プロのFPに相談してみましょう。

 

あなたが保険の無料相談したいと希望しても、訪問型FPは来てくれません。
理由は、簡単です。あなたが新しく加入する見込みがないからです。
FPの手数料は「あなたが新しく加入しない」と貰えません。

 

あなたの場合はショップ型無料相談窓口に行って相談しましょう。
そうすれば相談に乗ってくれますよ。

 

こちらも参考に
ショップ型保険窓口のランキング1位は保険見直し本舗読んでください。

 

 

まとめ

 

低解約終身保険を払済保険に変更するときは、
予定利率の変動に注目して低解約期間に
払済保険に変更するのはやめましょう。

 

低解約期間に保険料を少なくしたい場合は
減額で対応できるか検討しましょう。

 

保障額を継続 見直し

 

見直し方法はいろいろあります。

 

保障額が下がっては困る方には延長保険をお勧めします。

 

延長保険については、
保険料が払えない 延長保険は今の保障額を継続!を読んでください。