google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

結婚 改姓 改印 受取人 口座 変更

スポンサードリンク

結婚したら時の手続きは名義変更と受取人変更をします

保険の見直し
結婚をしたときは
改姓・改印、銀行口座の変更など
いくつかの変更手続きが必要になります。

 

 

 

結婚したら変更 手続き

 

結婚した人にいちばん多い質問は、
独身時代に親がかけていた生命保険の見直しです。

 

結婚したら契約者と受取人変更

 

  結婚前の状態 変更後の状態
契約者 夫の父
被保険者
受取人 夫の父

 

結婚前は所得税

 

結婚前は被保険者が無くなられた時は
契約者(父)=受取人(父)で所得税(一時所得)です。

 

結婚後は相続税

 

名義変更後の状態は
契約者=被保険者かつ
死亡保険金受取人=妻(法定相続人)
ですから、相続税です。

 

結婚後 名義変更と税金

 

結婚後も親から貰った生命保険を掛け続ける人が多くいます。

 

その後子どもが生まれるので
「生命保険を見直したい」
と言われました。

 

父親が支払った保険料と
息子(夫)が支払った保険料を
明確に区別しましょう。

 

なぜなら、解約返戻金の税金で困るからです。

 

解約返戻金受け取った場合の税金は

  • 所得税(一時所得)
  • 贈与税

がかかります。

 

父が契約者のとき支払った保険料を
夫(息子)が解約返戻金を受け取った場合は贈与税です。

 

結婚後に夫が支払った保険料を
夫が解約返戻金を受け取った場合は所得税(一時所得)です。

 

私は高額な解約返戻金は取り扱いませんでした。

 

生命保険は名義変更しても現金が移動しません。
税金がかかるのは解約返戻金が支払われた時点です。

 

贈与契約書にしておくと解決できます。

 

結婚後 妻の名義変更

 

女性は結婚後に夫の戸籍に編入します。

 

この場合の生命保険の手続きは

  • 改姓
  • 改印
  • 口座変更
  • 住所変更

などがあります。

 

住所変更は電話で受け付ける生命保険会社もあります。

 

改姓、改印は名義変更の用紙に記入します。

 

口座の変更は用紙に記入します。

 

生命保険会社によっては契約者の印鑑が不要であったり、
銀行口座の変更もタブレット端末で行えるようになりました。

 

保険の見直し
女性の場合でも親からもらった生命保険は
名義変更時点の解約返戻金の証明書をもらい、
後々面倒にならないように贈与契約書を交わしましょう。

 

まとめ

 

結婚したら名義変更の手続きはしても、
親が支払った保険料に対する解約返戻金は
贈与契約書を作成しておくと安心です。

 

住所変更は電話でもできるので
忘れず手続きしましょう。