google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

親 子 契約者変更 税金対策

スポンサードリンク

親から子に契約者変更したら…、税金対策は?

保険の見直し
子どもが就職したら、
契約者を親から子どもに変更して、
子どもに保険料を支払せたいという人は多くいます。

 

贈与税がかかりそうですが、
どのように考えればいいのでしょうか?

 

 

親から子に契約者変更したら贈与税、税金対策は?

 

子どもが就職したので、
「保険料を子どもに支払わせたい」
と、思う親御さんは多いですね。

 

そこで変更する手続はなに?

 

契約者を子どもに名義変更

 

現在加入中の生命保険は以下の通りです。

 

変更・前 変更・後
契約者=満期保険金受取人
被保険者
死亡保険金受取人

 

 

この生命保険の保険料を子どもに支払わせます。

 

このように契約者を変更して、
保険料も子供が実際に負担します。

 

税金はいくら?
かかるのでしょうか?

 

契約者を変更 税金は?

 

契約者を父から子に名義変更手続しただけでは、
課税されません

 

 

お金を受け取った時、
たとえば解約した時や
満期保険金を受け取った時に
課税されます。

 

お金を貰うまでは課税されません

 

課税はどのようにされるのでしょうか?

 

税金の計算方法は

 

少し難しい話になりますが、
「保険料を支払った人とお金を受け取った人」の関係で
税金の種類が変わります

 

また保険料は

  • 親が支払った分
  • 子どもが支払った分

に分けて考えます。

 

按分という考え方をします。

 

具体的に説明します。

 

  • 親が支払った保険料:100万円
  • 子が支払った保険料:200万円
  • 支払保険料の合計:300万円
  • 満期保険金:450万円

と仮定します。

 

  満期保険金・按分
親が保険料を負担した分100万円 450万円×100万円/300万円=150万円 贈与税
子が保険料を負担した分200万円 450万円×200万円/300万円=300万円 所得税(一時所得)

 

親が保険料を支払った分

 

親が保険料を負担した分は、
親から子どもに贈与したことになります。

 

だから、
親が支払った分に対応する満期保険金は贈与(税)です。

 

子どもが保険料を支払った分

 

子が保険料を負担した分は、
自分で保険料を支払って自分で受け取りますから、一時所得になります。

 

贈与の税額は?一時所得の税額は?

 

税額は?
あなたの所得額などにより変わりますので、
詳しい説明は、税理士またはあなたの所管税務署で聞いて下さい。

 

支払調書が税務署に通知

 

生命保険会社は、
100万円以上の支払いは「支払調書」といい、
税務署に提出しています。

 

ですから、
とぼけて申告を忘れた?
なんて言えませんよ。

 

修正申告をして
延滞税を納めることになります。

 

保険金を受け取った時期と
申告時期が離れているため、
忘れる人が時々います。

 

忘れずに確定申告しましょう。

 

生命保険会社から送られてきた書類は
確定申告の時に必要です。
捨てないで、申告時まで取っておきましょう。

 

支払調書が提出されない場合

 

支払調書が提出されない場合があります。

 

源泉徴収された5年未満の
一時払い終身保険などは、
課税が完了しているので通知されません

 

まとめ

 

親からもらった生命保険は、
「名義変更時点では課税されません」

 

  • 解約
  • 満期保険金

などで、お金を受け取った時に課税されます。

 

課税される税金は

  • 贈与税
  • 所得税(一時所得)

になります。

 

贈与税は税額が高い税金ですが、
基礎控除額110万円をじょうずに利用しましょう。