google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

死亡保険金 相続人 受取人 非課税金額

スポンサードリンク

死亡保険金は相続人が受取ると相続人×500万円控除

保険の見直し

 

子どもが小さいうちは、
夫に万一のことがあったらどうしよう?

 

勤続20年未満の人の退職金は特に少ないです。

 

遺族年金だけが頼りですが、年金だけでは食べるだけおしまいです。

 

大学に行くとなると、遺族年金だけでは不足します。

 

そうなると、
生命保険が最後の砦になります。

 

でも、
死亡保険金を受け取ると税金がかかるといいます。

 

死亡保険金を受け取っても、税金が少なくできる方法があります。

 

きっと、あなたのお役に立てると思います。

 

 

相続の基礎控除額が減額されました

 

2015年から相続の基礎控除額が減額されました。

改訂前
5000万円+1000万円×法定相続人の数
改訂後  ↓↓↓40%減少
3000万円+600万円×法定相続人の数

 

夫が死亡した時に生命保険の死亡保険金には、
いくら税金がかかるかあらかじめ知っておきたい。

 

このように考える人が、
生命保険文化センターのアンケートで
1番多い回答でした。

 

 

契約形態によって税金の種類が変わる

 

  • 契約者
  • 被保険者
  • 受取人

の関係によって税金の種類が変わります。

 

税額が安い順に
相続税<所得税<贈与税
になります。

 

夫・妻・子ども1人の家庭で考えてみましょう。

 

税の種類 契約者 被保険者 受取人
相続税 母または子
所得税
贈与税 母または父 父または母

 

具体的に検証してみます

 

相続税の例

 

生命保険の契約形態が
契約者=被保険者かつ
受取人が被保険者の法定相続人である。

 

この場合は相続税が課せられ、
基礎控除500万円×法定相続人数があります。

 

みなし相続財産ですから
他の相続財産と合算されて課税されます。

 

夫・妻・子ども1人の家庭で
夫が死亡した場合の
相続人は妻と子です。

 

保険の見直し死亡保険金の受取人を
妻一人にして契約しても、
基礎控除500万円×法定相続人数は
受けられます

 

 

所得税:一時所得の例

 

契約者=死亡保険金受取人の場合は
所得税(一時所得)が課せられ
基礎控除は50万円です。

 

税額の計算は、
(死亡保険金ー既払い保険料-50万円)/2
が一時所得となり他の所得と合算して課税されます。

 

ここで注意することは、
一時所得の基礎控除は
全部合わせて50万円です。

 

例えば、
損害保険の傷害保険の満期金を受け取り、
利益があった場合は一時所得です。

 

競馬など公営ギャンブルの儲けも
一時所得として合算します。

 

保険の見直し一時所得を全部合計して
基礎控除50万円を引きます。

 

ここが間違いやすいポイントです。

 

雑所得の例

 

今回は説明を省きますが、

 

収入保障保険に加入者が
死亡保険金を年金で受け取る場合は、
相続時は相続税の対象に、
2年目以降は雑所得となります。

 

私の経験では、
死亡保険金を一時金で受け取る方が、
年金で受け取るよりも税金が少ない場合が多いです。

 

難しい計算になるので、
死亡保険金を受け取る時に試算して貰って下さい。

 

その時大事なのは、生命保険会社に

  • 一時金で受け取る方法
  • 年金で受け取る方法

両方の税金の額
受取金額を算出して貰いましょう。

 

あなたにとって一番大事なことは、
受け取れる総額ですからね。

 

 

収入保障保険に加入する時は、
10年確定年金で契約しても
年金受給時には
①一時金受取
②年金(各種)で受取
が、選択(変更)できます。

 

加入して10年も経てば人の気持ちは変わります。
生命保険会社もその点は理解して受け止めています。

 

安心して、まずは加入して下さい。

 

死亡保険金の支払い時点で、
あなたが支払うべき税金も試算して貰えます。

 

高額な死亡保険金額の場合
年金受取の方が税金は少なく済みます

 

贈与税の例

 

贈与税は
基礎控除は110万円です。

 

贈与税が受け取った死亡保険金に対して
税額が一番多くなります。

 

契約者:父
被保険者:母
死亡保険金受取人:子ども

 

とても自然な契約の仕方に見えますが、
税金上は損な契約形態です。

 

 

契約者,被保険者、受取人がそれぞれ違う場合
今すぐに生命保険を見て確認しましょう。

 

死亡保険金に税金がかからないようにする方法は、
契約者・被保険者・受取人の関係を見直して
税金がかかるなら相続税にしてください。

 

契約者と受取人の変更はいつでもできます

 

被保険者の変更はできません。
保険のリスクが基本的に変わるからです。

 

 

1000万円の死亡保険金の税金は△△万円

 

夫・妻・子ども1人の家庭で
夫が死亡した場合の
相続税・所得税・贈与税を計算してみましょう。

 

 

死亡保険金は1000万円
支払った保険料累計は100万円
夫の給与所得控除後266万円、所得控除150万円をと仮定します。

税の種類(受取人) 計算 課税額
相続税(妻)

相続人が受け取る場合は
基礎控除額は
500万円×相続人数=1000万円

0円
所得税(夫)

保険料累計100万円と基礎控除50万円を
死亡保険金から控除、課税一時所得は
1000万円ー100万円-50万円=850万円
850万円×1/2=425万円
総所得金額=266万+425万円=691万円
691万円×税率20%-控除額42.75=95.45万円

約96万円
贈与税(子ども)

1000万円ー基礎控除110万円=890万円
890万円×40%-125万円=231万円
※20歳未満のお子さんと仮定します

231万円

相続税なら0円、
所得税なら約96万円、
贈与税は231万円です。

 

万一の時に安心な生命保険です。
勧められるがままに契約をすると損!
かもしれませんよ。

 

 

まとめ

 

死亡保険金を受け取って
税金を払わなければならないなら…、
相続税が一番少なくてすみます。

 

税額が一番少ない相続税で課税されるように
最初から契約形態を選びましょう。

 

 

自分で考えても判断が難しい時は
プロのファイナンシャルプランナーに
無料相談するのがお勧めですよ。

 

ファイナンシャルプランナーに頼むと得!3つのメリットはこちら