google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

満期保険金 受取人 契約者 所得税 贈与税

スポンサードリンク

満期保険金受取人=契約者は所得税、それ以外贈与税

保険の見直し

 

現在の保険契約では、
初めから下記の契約形態になっています。

 

満期保険金受取人=契約者
この場合満期保険金を受け取っても一時所得(所得税)になります。

 

 

こんな契約形態にはしないと思いますが、…。

 

満期受取人が契約者以外
この場合満期保険金を受け取ったら贈与税がかかります

 

 

あなたの契約が「満期受取人が契約者以外」だったら名義変更しましょう。

 

まずは、保険証券を出して確かめてみませんか?

 

 

 

満期保険金受取人と税金

 

もし、
満期受取人が契約者以外になっていたら
満期保険金受取人を契約者に名義変更しておきましょう。

 

理由は受取人によって
税金の種類が変わり税額が異なるからです。

 

少し詳しく検証しましょう。

 

満期保険金受取人が契約者のとき所得税

 

満期保険金受取人を契約者にした場合は、
満期金受取時に「所得税」「住民税」がかかります。

 

所得は一時所得になります。

 

一所得には基礎控除額が50万円あります
基礎控除額50万円を引いた残りの半分が一時所得になります。

 

一時所得の計算式は、
一時所得=(満期保険金ー支払い保険料総額ー50万円)×1/2

 

支払った保険料と基礎控除50万円が引けますから、
税額は少なくなります。

 

満期保険金受取人が契約者以外のとき贈与税

 

満期保険金受取人が契約者以外のときは、
契約者から満期保険金受取人に贈与されたことになります。

 

税金は贈与税です。

 

贈与税の計算には基礎控除110万円があります。

 

贈与=満期保険金ー110万円

 

一時所得と贈与 税金が少ないのは?

 

簡単にするために養老保険を例にとります。

 

  • 満期保険金:500万円
  • 支払保険料総額:450万円

と、仮定して税額を計算します。

 

一時所得

 

一時所得の計算式は以下になります。

 

一時所得=(満期保険金ー支払い保険料総額ー50万円)×1/2

 

一時所得=500万円ー450万円ー50万円=0円

 

贈与

 

贈与の計算式は、
贈与=満期保険金ー110万円

 

贈与=500万円-110万円=390万円

 

贈与は20歳以上の子や孫以外にした場合で
一般贈与として計算します。

 

国税庁ホームページから引用

https://www.nta.go.jp/m/taxanswer/4408.htm

 

贈与税の計算と税率(暦年課税)

 

基礎控除後の課税価格 税率 控除額
400万円以下 20% 25万円

 

上記式に当てはめて計算します。

 

贈与額=500万円-110万円=390万円
贈与税額=390万円×20%-25万円=53万円

 

※他に贈与が無かったものとして計算しています。

 

一時所得<贈与

 

 

上記例は計算が楽になるよう設定していますが
実務においても変わりはありません。

 

満期保険金受取人=契約者の場合は、
今回の例では所得税は0円です。

 

 

満期保険金受取人≠契約者の場合は、
贈与税が53万円です。
住民税は一律に10%が課せられます。

 

 

以上から、
満期保険金受取人=契約者に
した方がお得ですね。

 

あなたの保険はどうなっていますか?

 

満期保険金受取人≠契約者の場合は、
満期保険金受取人の変更をしましょう。

 

満期保険金受取人を変更 税金?

 

満期保険金受取人を契約者に名義変更しても、
実際にお金(解約返戻金)は動きません。

 

ですから、
満期保険金受取人を変更した時点では、
一切の課税関係は発生しません

 

安心して満期保険金受取人を名義変更してください。

 

まとめ

 

満期保険金受取人は契約者と申込書に印刷されています。

 

満期保険金受取人=契約者であれば、
一時所得で控除額が大きく税金が少なく済みます。

 

他方、
満期保険金受取人≠契約者の場合は、
贈与になり税金が多くなります。

 

今すぐに保険証券を確かめて、
満期保険金受取人≠契約者の場合は、
受取人変更の手続きを依頼しましょう。

 

受取人を変更しただけでは、課税されませんよ。

 

 

自分で検討しても分らない時はプロに相談するといいですよ。