google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

年の差25歳もある夫婦にお勧めの医療保険

スポンサードリンク

年の差25歳もある夫婦にお勧めの医療保険

 

夫が退職する年になっても35歳、
奥さんが若くていいねえ!
と言ってられる中はいいのだけれど…。

 

最近は年の差が25歳もある夫婦がいます。
そんな夫婦にとってもおススメな保険があります。

 

 

夫婦連生保険とは

 

最近の日本人は長生きになりました。

 

男性の寿命が79歳、
女性の寿命が86歳、
です。

 

年の差が25歳もある夫婦の場合には、
平均寿命の差は86歳ー79歳=7歳。

 

さらに、
夫婦の年齢差を加えると32年も
奥様が長生きされます。

 

 

こんな極端な例はまれかと思いますが
年の差10歳くらいの夫婦はたくさんおられます。

 

 

そんな夫婦にお勧めなのが
夫婦連生医療保険です。

 

仕組みは
契約者:夫
主たる被保険者:夫
従たる被保険者:妻

 

  1. 夫が生存中は単なる医療保険ですが、
  2. 夫死亡後は妻の医療保険は継続され
  3. 保険料が払込免除になる

という優れものです。

 

10歳年の差がある夫婦ならば
夫が79歳で死亡した後
妻が89歳まで生きたとすると年の差もプラスして
20年も保険料を免除されます。

 

年下の奥様は
20年間も保険料を支払わずに
医療保険に加入し続けられます。

 

これって、お得じゃないですか?

 

こんな医療保険も探せばありますよ

 

 

夫婦連生型の医療保険デメリット

 

夫婦連生型の医療保険に加入すれば
夫の死亡後の保険料が払込免除になります。

 

それでも、
妻の医療保障がそのままで継続します。

 

素晴らしいプランですが、
重大な欠陥があります。

 

従たる被保険者が病気のとき

 

新しい医療保険が発売になります。

 

その時に、
従たる被保険者である妻が
病気になった場合です。

 

夫婦で新発売の保険に加入したくても、
妻の既往症が告知に抵触し
夫婦連生保険に加入ができません。

 

これが一番の欠点、デメリットです。

 

主たる被保険者が病気のとき

 

では、主たる被保険者の
夫が病気の場合はどうするのでしょうか?

 

夫が病気になった場合は簡単です。

 

妻はセット型を解消して、
妻単独で医療保険に加入します。

 

以上の欠点・デメリットをよく理解して
夫婦連生保険に加入されれば
とてもとてもお得な保険になります。

 

 

自分で探しても見つからないときは
プロのファイナンシャルプランナーに
無料相談するといいですよ。