google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

PC操作が長時間労働の人はうつ病になりやすい?

スポンサードリンク

医療保険にうつ病でも加入できる保険会社がある?

 

PC操作が長時間に及ぶと
うつ状態になります?本当です。

 

実は私も近くの総合病院で
うつ病と診断され、
うつ病の薬を6か月服用しました。

 

うつ状態は改善されたのですが
頭痛が始まりましたので
うつ病の服薬を中止しました。

 

すると頭痛は改善されましたが
うつ状態は相変わらず続きました。

 

2年間に及ぶ闘病で
MRIをはじめ心筋シンチ、脳シンチまで
あらゆる検査をしましたが病名が判明せず
神経内科の医師は「加齢によるものですね」と言い出す始末でした。

 

何も治療法がないので温泉に行ったり
マッサージにかかって誤魔化していました。

 

3年目のある日
とうとう人生最悪の日がやってきました。

 

字がうまく書けない!足がもとらない!

 

それはゴールデンウィーク前のある朝、
突然、頭が痺れるような感じがして目が覚めました。

 

手もこのところ痺れるようなので心配していました。

 

いよいよ、動けなくなるかと覚悟して
手を動かし、足を動かしてみましたが
まだ動かせました。

 

起き上がって確かめてみると
何かが「変」ですが動くことは出来ました。

 

その日から2,3日後に
字がうまく書けなくなりました。

 

5,6日後には
足がうまく運べなくなりました。

 

気が付いてみれば
おしっこが出せなくなりました。

 

65歳も過ぎれば「この日がいつかは来る」と覚悟はしていましたが、
現実となると「あれもこれもやり残していること」が思い出され寂しくなりました。

 

前置きが長くなりました。
途中の闘病記は省略しますが、…。

 

全快しました。

 

PC操作が長い人は頚髄症を疑え!

 

全快したのです!

 

最後に受けたのは
整形外科でした。

 

MRIの診断を受け
頚髄症と診断され、
手術も選択肢の一つと言われました。

 

まず1月は薬を服用して様子見ることになりました。

 

なんと、2日目には
おしっこが気持ち良くスーッと出るようになりました。

 

しかし、運の悪いことは重なるもので
頚髄症と診断された2日後に
車に追突され、むち打ち症になりました。

 

毎日リハビリに通院するのが日課となって
1月過ぎたころに
字が書けるようになっていました。

 

2月後には
あんなに足がもつれる感じがしたのが
ほとんど解消したのでした。

 

いつの間にか
うつ症状や食欲不振も解消していました。

 

何か特別なことをしたかというと
頚髄症の薬を服用して
むち打ち症のリハビリをしただけです。

 

振り返って考えますと
この2か月間はほとんど
PC操作はしていませんでした。

 

PC操作が長い人はうつ症状になるが、PC操作をやめれば改善する!

 

PC操作が長い人はうつ症状になるが、
PC操作をやめれば改善する!

 

頚髄症に効果があるというDVDを購入したり、
マッサージや温泉療法は今でも欠かしません。

 

治らないといわれている
うつ病
うつ状態
が、改善したのです。

 

もしPC操作が長時間労働の人は
整形外科を受診してみてください。

 

心療内科ではなく整形外科です。

 

結果うつ病と診断されても
不安にならないでください。

 

うつ病のあなたにも入れる保険があります。

 

アクサの「一生保障」の医療保険 OKメディカル
限定告知型終身医療保険(無解約払戻金型)
ならうつ病でも加入が可能です。

 

まず資料を取り寄せて検討してみてください。

 

今すぐに加入したい人は
プロのFPに無料相談をしましょう。

 

もしかしたら、
他の保険会社でも同じような保険を
新発売しているかもしれません。

 

 

先ずは予約して店舗に行って,
相談してみましょう

 

頚髄症と診断されたかたの保険の見直し

 

頚髄症と診断されたかたの保険の見直しは
無条件で加入するためには
完治後2年超が必要です。

 

それまで待てないという人は
部位不担保にて引き受けできます。

 

ごく少数の会社の
「医的引き受けの目安」
ですから、ご自分で探すのは難しいかもしれません。

 

そんな方は保険の窓口など複数の保険会社を取り扱える
募集人資格のあるプロのFPに無料相談すると良いですよ。

 

ぜひ、
今までうつ病でも診療しても改善しない人は
整形外科で頚髄症の検査をしてもらってください。

 

そこまで症状がひどくない方は
1日のPC操作時間を決めて
長時間にならないようにしましょう。

 

67歳の私が
3年間も悩んで病院を転々とした結果が
これです。

 

全快とは年齢的にも言えませんが
頚髄症との付き合い方がわかり
今では不安が解消されました。

 

PC操作が長い人は
ぜひ頚髄症を疑ってみてください。
一人でも多くうつ病から解放されることを願っています。