google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

死亡保険金が明日受け取れる保険会社がある?

スポンサードリンク

死亡保険金が明日受け取れる保険会社がある?

 

死亡保険金を貰う手続きは、
銀行の定期預金の引き出し程度に
簡単な手続きだと思っていませんか。

 

 

「銀行の普通預金さえも、預金凍結されて
葬儀費用代さえ
口座から引き出せなくて苦労した」
なんて話を聞いたことはありませんか?

 

生命保険の一番大事な機能は
「死亡したら保険金がすぐ貰える」
ことです。

 

その為に無駄な費用と思っても、
元気なうちからせっせと掛け続けていたのです。

 

いざ死亡保険金を請求しようと思っても、
あれもこれも難解な言い回しの書類を揃えなければ払われません。
普段使われていない言い回しで記述されています。

 

 

私の生命保険セールス36年間の経験から言えば、
着手出来るのは葬儀が終わった夜からです。

 

一件書類を揃えて頂くのですが、
死亡保険金受取人が複数いる場合は時間が掛かります。

 

何故かというと、
各死亡保険金受取人の印鑑証明書と
それぞれの人の署名・捺印が必要だからです。

 

遠方に住んでおられる方には、
郵便でやり取りをして頂く訳ですが、
あっという間に1週間が経ってしまいます。

 

それでも一件書類に不備が無く、
生命保険会社に提出できれば4~5日で支払になります。

 

着手してからお手元に現金が届くのは、
最速で1週間、普通は10日前後になります。

 

 

他方、
「翌営業日に死亡保険金を支払います」
という会社が実在します。

 

私は200万円だけ
この会社に死亡保険を掛けることをお勧めします。

 

「自分は銀行預金が十分あるから、
家族には迷惑なんかけないよ」と、
思っている方は特に心配です。

 

銀行預金は死亡の事実が分かると、
預金凍結されて引き出しができません。

 

生命保険と同様な
一連の相続手続きを踏まなければ
預金の引き出しはできないのです。

 

だから、
「翌営業日に死亡保険金を支払います」という会社に
お葬式代分くらいの生命保険に加入しておかれることをお勧めすます。

 

 

「翌営業日に死亡保険金を支払います」という生命保険は通販では加入出来ません。
扱っている保険会社をお知りになりたい時は
ぜひ、プロのFPに無料相談をして見て下さい。

 

 

私の経験から
保険の見直し相談は1回では決められず、
2~3の組み合わせたプランから絞り込んで
お客さんの要望と予算を比較検討して
やっと、希望のプランが出来上がる感じでした。

 

つまり、
何回も、何回も会って
再検討を繰り返す必要があります。

 

やっと、
FPのプランに納得して
保険に加入したならば、
長い期間のアフターサービスを
加入手続きをしたFPから受けます。

 

だから、
担当FPとは家族同然に付き合えると思える人が理想です。
何でも話が出来る人じゃあないと保険の相談はできないのです。
お財布は覗かれますし、嫁姑の仲も分かってしまいます。

 

口が堅くて、明るくて、主張のぶれない人がいいと思います。
そんなFPに巡り合えたあなたは幸せだと思います。