google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

別れた妻には絶対死亡保険金は渡さない!実務上ムリ?

スポンサードリンク

別れた妻には絶対死亡保険金は渡さない!実務上ムリ?

保険の見直し

 

人生には色々のことがあり
時には離婚ということに遭遇するかもしれない

 

そんなまさかの時の
保険の見直し方を説明しましょう。

 

契約者:父
被保険者:父
死亡保険金受取人:妻

 

多くの人はこの型で
加入されていると思います。

 

 

離婚したからと言って
かわいい子供には罪がありません。

 

父親が亡くなって、
子供が経済的に苦労することが無いように
加入中の生命保険は父が継続をします。

 

でも、
死亡保険金は元妻には遣りたくない。

 

死亡保険金受取人は子供に変更する

 

離婚したら、
死亡保険金受取人は変更して、
子供にしますよね。

 

これで
自分に万一のことがあっても
子どもはお金の苦労だけはしないで済む。

 

別れた妻にも
死亡保険金は渡らない。

 

 

と、思った方は
保険の実務を知らない方です。

 

未成年者が死亡保険金を受取場合は…

 

未成年の子供が死亡保険金受取人の場合は
親権者が手続きをします。

 

絶対遣りたくない妻に
死亡保険金が支払われます。

 

手続人も振込口座も
親権者の名義でOKです。

 

死亡保険金は元妻が受け取って
子どもの養育に使われるでしょう!

 

私が現役の時に実際、
このように取り扱いました。

 

保険の見直し

 

保険会社は死亡保険金受取人にちゃんと渡さないのか?

 

はい、ちゃんと親権者に渡します。
これが保険の実務です。

 

これでは、
あなたの希望に沿えません。

 

それでは解決策として
どのように対策をすればよいのでしょうか?

 

受取人は両親に変更したほうが良い

 

離婚の顛末を一部始終知っている
ベテランの保険のおばちゃんは

「受取人は父の両親にしましょうね」
と勧めます。

 

何故?

 

両親ならば孫がかわいい。
死亡保険金は可愛い孫のために
使ってくれるでしょう。

 

そうすれば
自分の愛情を引き継いでくれる
事になるからです。

 

両親が年老いてきたら、その時は、
孫(子ども)に教育資金として
贈与すればいいのです。

 

贈与税がかからない方法は
ファイナンシャルプランナーが得意分野です。
相談してください。
あなたがファイナンシャルプランナーを選べる会社保険の見直しコチラから

 

孫も中学生くらいになれば理解します。

 

このお金は
父親が自分のために
残してくれたお金だと。

 

 

生命保険の受取人を誰に決めたらいいか?

 

分からない時には
ベテランのFPに無料相談しましょう。