google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

ファイナンシャルプランナー 中立

スポンサードリンク

ファイナンシャルプランナーは、中立な生命保険のプロ

ファイナンシャルプランナーは、中立な生命保険のプロでしょうか?

 

 

知恵袋に良い質問がありました。

 

「保険見直し本舗」や「保険市場」などありますが、
そこにいるFPは、中立の立場の保険のプロではないのですか?

 

前回知恵袋で、医療保険について質問した際、
中立の立場の保険のプロなどいませんという回答が
あったので、気になりました。

 

私が相談した「保険見直し本舗」のFPは、
中立の立場でアドバイスします、と断言していて、
確かに一社だけではなくて、何社かのプランを設計してくれたのですが、
私は騙されているのでしょうか?

 

または中立の立場だけどプロではないということでしょうか?

 

私の回答は後述します。

 

 

ファイナンシャルプランナーは、中立な生命保険のプロか?

 

まず誤解が無いように言っておきますと
FPが具体的に説明出来る保険の内容は
自分が取り扱える保険会社に限られています。

 

保険のセールスには
他社を誹謗・中傷することは禁じられています”から
自分が取り扱っている保険会社の話しかできないのです。

 

従ってFPはどんなに頑張っても扱っている保険会社の中からしか
ベストな保険を組み合わせることはできません。

 

FPがベストな保険の組み合わせと言ってるのは
自分が取り扱える保険の中から選んでいることです。

 

中立なFPなんていない

 

自分が取り扱っていない会社に良い保険商品があっても、
”他社を誹謗・中傷することは禁じられています”から
その良い保険を勧めるには覚悟が必要なのです。

 

ぶちゃけ
25社~30社取り扱っていても
お勧めする組み合わせは2社~3社に限定されます。

 

何故かといいますと、
保障が同じなら
生命保険会社によって扱いは変わらないと思いますよね!

 

とんでもないのです。

 

入院給付金の支払日に差がある

 

生命保険会社によって
給付金の支払日に大きな差があったのです。

 

私が取り扱った、
B社とC社の給付金支給について
実際にあった話です。

 

Aさんは
大腸ポリープの切除をして
入院・手術給付金の請求を
B社とC社にしました。

 

B社は5日後に支給しました。

 

C社は告知してある病気との
関連性も無いのに
1月以上も調査しました。

 

C社の支払いは
結局、45日後になりました。

 

支給はされましたが
5日後と
45日後では違いすぎます。

 

入院給付金は7日以内に支給

 

現在では改善されています。

 

問題のない契約においては
7日以内の支給に変わりました。

 

それでも保険会社が疑問がある場合には
支払いを延ばすことはできます。

 

 

 

FPは生命保険に加入してもらうこも大切だけれど、
給付金の支払いがスムースにされることは、もっと大事である
と、思っているのです。

 

支払いが早い・遅いなどについては
パンフレットのどこにも書いてありません

 

FPの経験と情報交換から学んでいるのです。

 

保険料だけで判断するならAIでも良い

 

保険料の多い、少ないで判断できるなら
コンピューターに選ばせるほうがずっと中立です

 

それだけではないのが保険の選択で難しいところです。

 

実際の販売現場では、
「C社が支払いが遅いからやめたほうが良い」なんて
誹謗中傷になりますので、言えません。

 

ファイナンシャルプランナーは総合的に考えて生命保険を勧めます。

 

あなたはFPに質問をしてください。
「何故この保険プランを勧めるのか?根拠は?」

 

FPの本音が聞けると思います。

 

保険料が少しくらい高くても、
支払いが早い生命保険会社のほうが
保険料が少し高くても、支払いが遅い会社よりずっと良い。

 

そう思いませんか?

 

支払いが早い生命保険会社は聞きたい時は
FPに無料相談するのが一番です。

 

給付金の請求書にも差がある

 

あなたが入院して手術をされた場合に,
給付金請求の手続きについて
会社によって取扱い方法が異なります。

 

契約後2年以内は
保険会社は契約解除が出来ますから
厳しく調査されます。

 

2年以降になっても、
入院・手術証明書が要求される場合と
診療費領収書のコピーだけで良い場合があります。

 

あなたならコピーの提出だけで済む
保険会社が良いと思いますよね。

 

じつは
領収書のコピーで済ませられる保険には
「手術給付金(一律)10万円」など
手術の有無が証明できるだけで支払う保険です。

 

簡単に済ませられるのは簡単な保障だけです。

 

先進医療特約には医師の証明書が必要

 

時々聞くようになってきた先進医療特約を付加した場合とか
手術後にICUを利用した場合とかは医師の証明書が必要になります。

 

 

最近の医療に対応した保障を受けたいならば
面倒くさがることなく、医師の証明書を取り寄せて
手厚い保障を受けましょう。

 

 

例を挙げれば、前立腺がんで手術をした場合

 

[コピーで済ませられる]
手術給付金…10万円

 

[証明書が必要]
手術給付金…10万円
先進医療給付金…300万円

 

先進医療は厚生労働相が認定した医療機関で
認定した医師が手術をしないと給付金が貰えません。
だから、医師の証明書が必要になるわけです。

 

 

通販で加入しても
FPに依頼して加入しても
保障が同じなら保険料も同じです。

 

あなたが万一に備えて加入するなら、
安心して任せられるベテランのFPに依頼して
加入するほうが良いですよ。