google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

貯金は三角、保険は四角とは?どういう意味?

スポンサードリンク

貯金は三角、保険は四角?どういう意味?

 

 

これから貯金をするから
保険には入らなくていい。

 

と、いう人もいますが
果たして本当でしょうか?

 

 

貯金は三角、保険は四角

 

どういう意味でしょうか?

 

貯金は三角

 

”預貯金”は、
少しづつ貯めていくので、
まさかの時に、
まとまったお金が貯まっていないかもしれません。

 

図形で表すと
三角形のように
少しづつ貯めてゆく仕組みです。

 

 

保険相談

 

他方、
生命保険はどうでしょうか?

 

保険は四角

 

”生命保険”は保険料を1回払っただけでも
まとまったお金=保険金が支払われます。

 

図形で表しますと、
四角形で示され
保険の初めから最後まで
定額の保障があります。

 

保険相談

 

”まさか”への備えに有利なのは?

 

いつ起きるかわからない”まさか”への備えには、

 

三角の”貯金”では
貯金を始めた頃には不足します。

 

他方、
四角の”生命保険”には
初めから定額の保障があって安心です。

 

公的保険は全員加入

 

何かあった時には
個人で準備する
生命保険や貯金があります。

 

この他に
国や企業で準備する制度があります。

 

国などが準備する”公的保障”には

  • 遺族年金、
  • 健康保険

などがあります。

 

会社が準備する”企業保障”には

  • 死亡退職金、
  • 弔慰金、
  • 企業年金

などがあります。

 

”公的保障”と”企業保障”を考慮して
個人で準備する生命保険を考えましょう。

 

まとめ

 

国や企業による保険や福利厚生を
理解することが重要です。

 

公的保険で不足する分について
個人で生命保険などで手当しましょう。

 

自分で検討しても分らない時はプロに相談するといいですよ。

 

無料の保険相談窓口に行きましょう。
先ずは予約して店舗に行って,
相談してみましょう