google-site-verification: google72f10b7e604cc6ea.html

生命保険 見直 解約 猶予期間 予定利率

スポンサードリンク

生命保険を見直す3ポイントは解約・猶予期間・予定利率

保険の見直し
生命保険を見直しすることによって、
保障内容が新しくなり、かつ
保険料が安くなる可能性もあります。

 

お宝年金は保険を見直すことで、
予定利率を下げることになり
あなたにとって損になります。

 

生命保険をどう見直したらよいか?

  • 解約
  • 保険料払込期間猶予
  • 予定利率

について説明します。

 

 

保険の見直し 契約成立まで解約しない

 

今よりもいい生命保険を見直しできたとしても、
新しい契約が成立するまでは、
現在の保険を解約をしてはいけません。

 

一番やってはいけないのは、
新しい契約が成立する前に解約をすることです。、

 

新しい契約が過去の病歴などで
「あなたの担当医から完治証明を貰って下さい」
などと生命保険会社から請求されることはよくあります。

 

完治証明が提出されて、契約成立でした。

 

しかし、運悪くあなたがケガをして入院しました。

 

契約が成立以前にケガや病気で入院しても、
保障を受けられません。

 

それだけではなく、
新しい生命保険に加入できるとは限りません。

 

過去の病気やケガを理由に
加入を断られてしまう可能性すらあります。

 

たとえ加入出来ても、

  • 保険料割増や
  • 保険金削減

などの条件付きになることもあります。

 

「保険の見直しをしない方が良かった」
などにもなりかねません。

 

そうなってしまったとしても、
生命保険を解約した後では、
元の状態に戻すことは出来ません。

 

そうなると
今よりも悪い条件の保険に
加入せざるを得ないかもしれません。

 

生命保険の見直しをする時には、
必ず新しい契約が成立してから解約するようしましょう。

 

保険の見直し 保険料支払い猶予期間

 

新しい保険が成立以前に、
現在の生命保険を解約するのは問題外です。

 

新しい生命保険の保険料と
現在加入している保険の保険料を
重複して2重に払いたくない。

 

もっともです。
良く分かりますので、
解決方法を教えますね。

 

保険料猶予期間の間に、
新しい保険が成立するようにしましょう。

 

保険の保険料払込猶予期間

 

セールスなら誰でも知っているけど、
意外と教えてくれない
「保険料払込猶予期間」です。

 

猶予期間 月払い

 

月払契約では、
翌月末日までに
支払えば間に合います。

 

3月3日の契約で月払いなら、
3月分の保険料は翌月末日まで、
つまり4月30日までに払い込めば
良いことになります。

 

正確には
4月1日から4月30日までが
支払い猶予期間です。

 

 

猶予期間 年払・半年払

 

年払や半年払いは
「翌々月の契約応答日まで」
つまり5月3日までです。

 

祝日で払い込めない?
そんな場合や
2月6月11月なども
ちゃんと対策済みです。

 

心配しないでください。
ご契約のしおり定款・約款には記載があります。

 

あなたの契約を具体的に調べる場合は、
あなたの加入している保険会社の
サービスセンターに問い合わせてください。

 

保険料払込猶予期間を過ぎると 失効

 

保険料払込猶予期間の4月30日までに
保険料が支払われない場合には、
5月1日に保険の効力が無くなります

 

失効」と言います。

 

失効を回復する手続きに
復活」があります。

 

健康状態によっては
復活できない場合もあります。

 

失効と復活はあらためて解説します。

 

保険を見直して新しい契約に変える時は、
保険料払い込み猶予期間を利用して
失効しないように注意しましょう。

 

保険の見直し 予定利率に注意

 

現在加入中の保険が
1999年7月1日以前の契約なら
予定利率に注意し保険の見直しをしましょう。

 

予定利率の推移です。

 

契約締結日 予定利率
1985.4.2.~1993.4.1. 5.5%
1993.4.2.~1994.4.1 4.75%
1994.4.2.~1996.4.1 3.75%
1996.4.2.~1999.7.1 2.75%

このようになります。

 

保険を見直して予定利率が下がっても、
あまり影響を受けない場合もあります。

 

予定利率に左右されない保険には

  • 満期保険金が無い
  • 返戻金が無い
種類です。

 

定期保険は最終的には

  • 満期保険金
  • 解約返戻金

は0円です。

 

定期保険でも100歳定期保険は
途中で解約をすると解約返戻金があります。

 

解約返戻金がある定期保険の見直しでは、
加入中の予定利率や返戻金の推移を考慮しましょう。

 

これ以上説明しませんが、

  • 累計保険料
  • 解約返戻金

は関連しています。

 

解約には丁度よい時期があります。
あなたの体調にも配慮が必要です。

 

自分で考えてよくわからないときは、
FPに無料相談しましょう。

 

 

生命保険の見直しには中立のFP

 

生命保険に加入してから十年を経過していれば、
そろそろ見直しをしてみたほうがいい時期でしょう。

 

最近では多くの保険会社が
いろんなプランを出してきていますので、
今よりも自分に合った保険を見つけることが出来るかもしれません。

 

 

それだけではなく生命保険の見直しをすることによって、
保険料が下がるケースも多くありますので
複数社を取り扱っているFPに相談をしてみるといいでしょう。

 

まとめ

 

そこで生命保険の見直しの相談をするには、
どこに?どこで?するのがいいのでしょうか。

 

 

現在加入している保険会社に聞いてみるのもいいですが、
出来れば他社との比較もしてみたいですよね。

 

手っ取り早いのは、
いろんな保険会社の商品を取り扱っているところで相談をしてみる事です。

 

 

複数社を取り扱っているFPに相談することのメリットは、
中立の立場に立って教えてもらうことが出来るという点です。

 

中立の立場に立ち、
より自分に最適な保険会社を教えてもらうことが出来れば、
そこからプランも考えていくことも出来るようになります。

 

 

保険料は月々の大きな負担にもなっていくものです。
無駄のない生命保険に加入をすることで
不必要な支払いを防ぎましょう。

 

プロのFPに無料相談するとよいでしょう。

 

こちらも参考に、
ショップ型、訪問型、あなたにおすすめの無料相談窓口読んでください。