棚下不動(群馬県渋川市)雄滝は裏側から眺められる、行き方は綾戸橋経由がおすすめ! | 群馬めぐり

棚下不動(群馬県渋川市)雄滝は裏側から眺められる、行き方は綾戸橋経由がおすすめ!

棚下不動の滝 群馬の自然

棚下不動(群馬県渋川市)雄滝は裏側から眺められる滝です。10月下旬には紅葉が始まり、いちだんとキレイな景色が見られます。

棚下不動の滝へは国道17号線にかかる綾戸橋を渡り、案内板通りに県道255号線を行く道がおすすめです。あなたがいなかの道で迷わないように、詳しく説明します。

棚下不動の滝(雄滝) 渋川市

群馬県渋川市の棚下不動の滝は「滝行」が行われるのでも知られています。

棚下不動の滝

撮影日:2021年09月21日

あなたは滝の裏に回って滝を見たことがありますか?棚下不動の滝は裏見ができる滝なんです。

棚下不動の滝 立ち入り禁止

棚下不動の滝

棚下不動の滝は2019年6月の大雨の影響によりがけ崩れが起きました。それで、復旧工事が完了するまで遊歩道を全面通行止にしました。2020年8月1日に新たな遊歩道が完成し、棚下不動の滝遊歩道は開通しました。

棚下不動の滝

棚下不動の滝への登り口に案内がありますが、この図は古いもので「手描き赤い印」の階段は登れません。右側に階段が整備されました。

棚下不動の滝

現在は不動堂の手前を通り、橋を渡り、新設された階段から雄滝を目指します。

棚下不動の滝

階段の上から見ると、登っているのが分かりますね。

半分から上の部分は階段は設置されていません。自然の山道です靴はスニーカーなどがいいですねヒールの靴では滝の下までは行けません

棚下不動の滝

滝口

棚下不動の滝は写真の滝口から勢いよく流れ落ちていました。

見上げると穴?

棚下不動の滝

穴?

滝を見上げると、石がぎっしり詰まった穴がありました。急に怖くなりました。

滝の裏側に不動堂奥院

棚下不動の滝

不動堂奥院

棚下不動の滝の裏側にまわると不動堂奥院があります。

棚下不動の滝

不動明王様

不動堂の先には新しくお祭りされた不動明王様が見守ってくれています。ここより先は立ち入り禁止です。がけ崩れした大きな岩がゴロゴロあるようでした。アブナイ!あぶない!

棚下不動の滝 パワースポット

地元紙上毛新聞からお借りしました。棚下不動の滝はパワースポットです。滝行が行われることで有名ですよ。

大岩山不動堂

棚下不動の滝

手水舎

棚下不動の滝に登る中間地点に大岩山不動堂が祀られています。まずは身を清めてからお参りします。

棚下不動の滝

頭が当たりそうな鳥居

石造りの鳥居は頭が当たりそうなくらい低いです。昔はここまで運んでくるのが大変なことだった証拠ですね。

棚下不動の滝

雄滝雌滝の仲の良さ

とても幸せそうなカップルの道祖神?が手水舎のとなりに祀られていました。

棚下不動の滝

雄滝雌滝のいわれ

最初の鳥居のわきに立っていた案内板です。

棚下不動の滝

大岩山不動堂

大岩山不動堂は最近作られたもののようです。扉が鉄製のようですね。

棚下不動の滝

ありがたそう

おんべろ(群馬の方言?)とたわわに実った稲穂が奉納されていました。私は群馬県人ですが、初めて見ました。どんないわれがあるか地元の人に聞いてみたいですね。

棚下不動の滝 雌滝

棚下不動の滝・雌滝にゆく道は落石が多く危険だから行かないでくださいと渋川市役所の観光課の人に言われました

棚下不動の滝 

雌滝

棚下不動の滝の雌滝は帰り道によく見えるところがあります。後ほど説明してあるSLの撮影スポットで雌滝も見られます。

棚下不動の滝 トイレ・休憩所

棚下不動の滝

棚下不動の滝に行く中間に大岩不動堂があります。その前にトイレと滝が見上げられる休憩所があります。大岩不動堂までは危険個所はありません。せっかくですからお参りしましょう。

棚下不動の滝 住所

棚下不動の滝に行くときは住所のナビ設定は「棚下不動の滝」は山の中なので住所表示はしません。ですから、ナビ設定は棚下不動の滝駐車場「〒379-1101 群馬県渋川市赤城町棚下 字大岩910−1」にします。棚下不動の滝駐車場をグーグルで調べると、電話番号0279ー22ー2593が表示されます。この電話番号では棚下不動の滝には行けません。

ご注意:0279ー22ー2593は渋川市役所の電話です。

棚下不動の滝 行き方

棚下不動の滝 手前の狭いトンネル棚下不動の滝 手前にある狭いトンネルの写真はグーグルマップで見られます。

渋川市から赤城IC方面へ行き、「西原の交差点」を左折してゆく道は、棚下不動の駐車場手前に小さい狭いトンネルがあります。トンネル内でのすれ違いが難しいです。ですから、おすすめできません。

私がおすすめする行き方は、渋川ICで降りたら、まずは「道の駅白沢」で休憩します。

棚下不動の滝 綾戸橋

綾戸橋を渡ると案内板があります

地図で国道17号線から綾戸橋を渡り県道255号線に行く道を確認してから出発しましょう綾戸橋を渡ると棚下不動の滝の看板があり、道に迷わないからです。

綾戸橋
〒377-0201 群馬県渋川市上白井

綾戸橋を渡ります。渡り終えたら案内板通り右折します。

棚下不動の滝駐車場

反対側から撮影した

5分くらいで棚下不動の滝駐車場です。

棚下不動滝 駐車場の住所と地図

棚下不動の滝駐車場

不動明王像

棚下不動の滝駐車場の住所は、
〒379-1101 群馬県渋川市赤城町棚下 字大岩910−1

地図は、

駐車場も新増設されています。満車になることはないようです。

棚下不動の滝 周辺

棚下不動の滝

棚下不動の滝に向かう坂道には撮影スポットが何か所もあります。崖の上のですので、撮影に夢中になって墜落しないでくださいね。

棚下不動 利根川

 

SL 撮影スポット

棚下不動の滝

高崎駅と水上駅(上越線)間でSLが運行されています。

棚下不動の滝 利根川

棚下不動の滝に登る坂の途中から振り返ると、上越線の架橋が見えます。ここでSLを撮影しても良いかな?どうでしょう。

棚下不動の滝・まとめ

棚下不動の滝はパワースポットです。滝のしぶきを浴びるとパワーを受けられるそうです。

滝の裏側にまわって滝が流れ落ちるのを見られます。いちどは経験してもいいかと思いますよ。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました